1. トップ
  2. インテリア・収納

50代からの暮らしやすいリビング。ものを減らして自分時間を有効に

小林志保
2021.03.16

40代後半から50代は子育てが落ち着いてくる一方で、子どもの進学に関することが慌しかったり、仕事をもつ人は働き盛りでなにかと忙しい時期でもあります。また女性の場合は更年期がぶつかるタイミングでもあり、ついイライラしてしまうことも。

「時間がない! と追われたり、心に余裕がなくなりがちだと感じるときは、リビングの見直しがおすすめです」と話すのは、自身もアラフィフ世代で収納アドバイザーの小林志保さん。50代からのリビングの考え方と片づけ方を教えてもらいました。

どこにいても落ち着かないのは、リビングが散らかっているからかもしれない

リビング
きれいに片づいたリビング。50代からは自分の居心地のよさを優先して

家事で忙しい、仕事で忙しい、だから時間がない! 思いつく理由はあげればたくさん出てきますが、時間がないと思っている間はなかなか、人生を楽しむことができません。一方で「自分の時間は自分でつくるもの」とは知りつつ、簡単にはできないのも事実。そこで、おすすめなのが「リビングを整えておく」ことです。

じつは私は、元片づけられない人間で、散らかりハウスの住人でした。だからこそ「部屋の乱れが心の乱れ」を身をもって体験し、部屋と心はつながっていると考えます。

たとえばいつも散らかっている部屋で過ごしていたとしても、心のどこかでは「片づけないと!」という思いがあるはずです。日々の生活のなかで気がかりなことがひとつでもあると、気持ちよく過ごすことはできないのではないでしょうか?

●子どもが成長したら、リビングから子どものものをなくして

まず考えたいのが「リビングのあり方」です。子どもたちの成長に合わせてライフスタイルが変わるなかで、リビング収納の中身はその都度大きく変化する必要があります。

書く子どもと女性
リビングは子どもの成長に合わせても変わるもの(※写真はイメージです)

子どもが小さいときはおむつや着替え、オモチャなどを収める場所が必要であり、小学生以上になるとリビングで勉強ができるように学用品を収めるスペースも必要に。中高生になると、勉強やゆっくりと落ち着ける場所はリビングから自分の部屋へ変化していきます。

親がいるリビングよりも自分だけの空間と時間を持ちたがるようになるのは、子どもの成長の証です。子どもの成長を感じたら、新たなライフスタイルの変化のタイミングと考えて。子どもの自立を促すためにもリビングからは子どものものを取り除き、親と子どもの境界線を区切ってみることも大切だと考えます。もしもまだリビングに成長した子どものものがあるなら自室へ移動してもらいましょう。

子どもがいないご家庭の場合も、自分や夫、同居する家族の仕事や年齢(体力的な部分も含め)が変化したタイミングで見直すと、片づけが進みやすいと思います。

●リビングには今自分に必要なものだけを置く

次にリビングに置くものを選びます。
家族の共有場所であるリビングは、気をつけなければさまざまなものがたまってくる場所。だからこそ、その場所での過ごし方を明確にする必要があり、今必要なものだけをリビングに収納することをおすすめします。頭で考えるのは大変なので、書き出してみましょう。

<心地よいリビングのつくり方>

1:リビングにあるものをざっくり絵に描く

間取り一度自宅のリビングを客観的に見て、どこにどんな家財があり収納スペースはどれほどあるのか、簡単でいいので絵にしてみてください。

2:だれがどこによくいるが印をつける

リビングの全体を絵にしたあとは、その場所でだれがなにをしているのかを明確にします。
うちの場合ですと、高校生と大学生の子どもたちや同居する義母は自室で過ごすことが多いので、リビングで自分の時間を過ごしているのは夫と私だけとなります。

間取りに位置書いてみると、夫はテレビ前のソファーに陣取り、私はリビングテーブルの窓際で過ごすことが多いことがわかりました。

3:それぞれの場所に必要なものの定位置を決める

夫と私のリビングでの定位置がはっきりすると、次に考えることはその場所を快適な場所へとするために、ものの定位置も決めていきます。

1 2
  • この記事を
    シェア

【この記事も読まれています】