1. トップ
  2. インテリア・収納

片づけのプロがメルカリをあえて使わない理由

2021.03.10

不要になったものを手軽に売れると、メルカリなどのフリマアプリが人気です。やっている方も多いのではないでしょうか。

「片づけのプロは、うまくものを手放すためにフリマアプリを活用しているというイメージがある方も多いかもしれません。でも私はやっていません」というのは、片づけのプロフェッショナルであるライフオーガナイザーの森麻紀さん。
やらない理由について教えてもらいました。

片づけのプロがあえてフリマアプリを使わない理由

スマホを触る様子
片づけのプロがあえてフリマアプリを使わない理由

●ものを減らしたいのに、ものが増える

以前オークションサイトを利用していたことがあります。そのときにも感じていたことですが、私の場合はとくに、持ちものを減らすために…という理由でやっているにもかかわらず、「これ使えそう…」と梱包資材がいろいろと増えてくるのです。箱や段ボールにしても、「次にこれくらいのサイズのものを出品するかもしれないな」と、取っておくことも多々ありました。

段ボール今ではコンビニでも発送用の梱包資材は売っていますが、できるだけお金をかけたくないという方も多いのではないでしょうか? ものを減らしたいのに、ものが増える! 私にとっては本末転倒です。

●売る準備と売れる準備は違う。撮影や商品説明が面倒くさい!

“気軽に写真を撮ってアップするだけ”というイメージのあるフリマアプリですが、やはり、きれいな写真の方が膨大な商品の中では目に留まるようです。売れるコツとして、撮影方法が取り上げられているくらいですしね。インスタ映えほどがんばらなくてもいいとはいえ、多くの方に見てもらい、わかりやすくするためには、時間と手間がかかるということです。

長さを測る様子もちろん商品説明も丁寧でわかりやすい方が売れやすいので、細かなサイズなども測って記載した方が親切です。汚れの確認などを怠ってしまうと悪い評価がつくこともありますし、こちらが説明として書いた商品の状態と購入者が思っていた状態が違うことだってあります。トラブル防止のためには気を遣います。

こういったことを無意識に感じているせいなのか、片づけにお伺いしたお客様のなかにも、「フリマアプリに出品しようと思って…」と何か月も置きっぱなしなっている状態をよく見かけます。私も行動力があるタイプではないので、同じような状況になることは目に見えています。

●ついつい、時間を使ってしまう

出品すると、フリマアプリを開く習慣もできます。自分が出品したやりとりだけで終われればいいのですが、ついついほかの商品にも目がいって、そのまま見入ったりしていませんか? 私にはこの自信があります(苦笑)!
「宝探しのようだ」と表現されている方もいらっしゃいますが、その時間に価値を置いているのなら、それはもちろん楽しい時間なので、趣味の時間として楽しむのもありだと思います。

時計そして時間を費やすだけでなく、違う意味での「ものを減らしたいのに、ものが増える」心配もあります。ついついフリマアプリを見入ってしまった結果、購入側に回ってしまう恐れがあるからです。もちろん要らないものは買わないつもりでいても、見なければ買わなかったにもかかわらず、「これは必要なもの」と自分に都合のいいように解釈していたという経験は、皆さんにもあるのではないでしょうか?

リサイクルショップへ持って行き一気に手放した方が早いから好き、と個人的には思っていますが、考え方は人それぞれだと思います。
ただ、上手に多額の利益を出しているわけでもなく、これまで深く考えずに利用していたのなら、マイナス面も考えてみてはいかがでしょうか?

●教えてくれた人
【森麻紀さん】

愛知県名古屋市在住。夫、長女の3人暮らし。ライフオーガナイザー1級の資格を活かし、暮らしと空間を整える整理収納サービスを行う。ブログ「今の暮らし これからの生活」では“自分にちょうどいい片づけ方”を更新中

このライターの記事一覧
  • この記事を
    シェア