1. トップ
  2. インテリア・収納

簡単にセンスのいい家をつくるコツ。色は3色、小物は黒で統一

ESSE編集部
2021.02.03

自宅で過ごす時間が増え、インテリアに飽きてきた、なんだか家がおしゃれに見えない…と悩んでいる人も多いのでは?

「手間をかけなくても、おしゃれに見える工夫をすることがポイントです」と話すのは、インスタグラマーのMizuhoさん。Mizuhoさんの自宅は、2人の子育て中とは思えないほど、すっきり、おしゃれに整えられています。そこで、忙しい人でも、簡単にすぐマネできるコツを教えてもらいました。

リビング壁際に女性
黒をアクセントにしたシンプルでおしゃれな空間

最速でセンスのいい部屋のするためのコツ。部屋の色は3色まで

Mizuhoさんのオシャレに見えるインテリアのルールとは?

●木、グレー、黒に絞って統一感を

ソファ基本のカラー基本の3色。床やテーブル、棚などのナチュラルウッドをベースに、テーブルの脚やラダー(はしご)、照明、小物などは黒でメリハリを。
「大きな面積のあるソファはグレーにして、軽やかさを残しつつ、落ち着いた雰囲気になるようにしています。」

●小物は黒でそろえる

黒で統一された小物リビングに飾る小物や小さな引き出しなども、黒で統一してインテリアの引き締め役に。キッチンの鍋やケトルも、出しっぱなしでもおしゃれに見えます。

コンロに黒のお鍋など「小物なら、黒でも圧迫感が少なく、抜け感もあって大人っぽい印象になるのでおすすめ」

●絵の色も黒と決めています

モノトーンの絵雑貨屋さんで購入する絵も、モノトーンを。
「場所を選ばず飾れるので、さりげなく部屋全体がセンスアップ! 部屋の殺風景さがなくなり、すっきりとした印象になりますよ」

そのほかにも、ESSE3月号の「最速で“センスのいい家”になる5つのルール」では、インスタグラマーの簡単にマネできるインテリアのコツや、グリーン&フラワースタイリストのさとうゆみこさんのお部屋の中のグリーンの取り入れ方を紹介しています。ぜひチェックしてみてください!

<撮影/林ひろし 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【Mizuhoさん】

インスタグラマー。夫と長女、長男の4人家族。3LDKの一戸建てに住む。インスタグラム(@miiiiiii_y)でインテリアを発信中

ESSE3月号

ESSE3月号

今月の表紙&ESSE's INTERVIEW/山本美月さん 全国書店・コンビニ・オンライン書店等で発売中! 詳細・購入はこちらから

購入
  • この記事を
    シェア

【この記事も読まれています】