1. トップ
  2. インテリア・収納

いただき物をためない簡単すぎる方法。あき箱は捨てずに収納に活用

はらむらようこ
2021.01.03
  • この記事を
    シェア

お歳暮に年末年始に、いただき物がたくさんあるおうちも多い時期ではないでしょうか。賞味期限が短いものはすぐに食べようとするものの、日もちがするものはとりあえずしまって…そしてそのまま忘れてしまう、という経験はありませんか?

そこで、毎日が楽しくなる収納・片づけアイデアが人気な整理収納アドバイザーのはらむらようこさんに、お菓子などのいただき物を最後まで楽しめるアイデアを教えてもらいました。

重なったラッピングされた箱
年末年始のいただきもの、包装紙のまま置いていませんか?

もういただき物は眠らせない!贈答品をため込まず楽しむ方法

プレゼントをいただくのはとてもうれしいことですが、タイミングが重なったりすると、箱のまま置きっぱなしになったり、好みではなさそうなものや、おしゃれすぎて食べ方がわからないものも、あと回しにして忘れがちです。

かつてのわが家からも、整理収納レッスンのお客様のキッチンや納戸からも、そういったいただき物が包装紙のまま出てくることがよくあります。そして、贈ってくださった方を思って胸を痛めたり、自分のだらしなさにあきれたり…そこで、提案したいのです。どんなものでも、まずはすぐにあけましょう!

●とにかくリボンをほどき、包装紙をひんむこう。取っておくべきは小箱だけ!

茶色の箱を開けた様子美しいラッピングに包まれていると、あけるのが忍びない気持ちになりますよね。いただき物に限らず、100円ショップのアイテムなどでも、開封せずに袋のまましまい込んでしまう方も結構いらっしゃいます。でもそれでは、食べどき、使いどきの旬がどんどんすぎてしまうだけ。

まずは、紙袋から出し、包装紙をはぎ、箱をあけましょう。あとに回せば回すほど賞味期限のために焦らされる存在になってきますが、もらったすぐであればあるほど、あける瞬間から、中身への期待も高まり、ぜいたくな気持ちになります。

茶色の箱を平らにした様子ここで気をつけていただきたいのは、リボンや包装紙を「なんとなく」で取っておかないこと。きっと経験があるかと思いますが、相当気に入ったものでない限り、なんとなく取ってもいても使うタイミングはほとんどやってきません(相当気に入ったら、ぜひ飾るなどして楽しみましょう)。

ただし、ひとつだけ取っておいていいものがあります、それは小さめサイズの箱です。こちらの活用法は最後に。

●とりあえず、一口食べてみる

黄色の服を着た女性がグラスに入ったお菓子をとる様子おいしそうなもの、大切な人にいただいたものほど、せっかくだからゆっくりコーヒーを入れたときに一緒になんて思いますが、そんな時間はなかなか訪れませんよね。

まずは、一口いただいてみましょう。残ったらラップに包んで置いておけばいいのです。一口かじると状況は一変! おいしいからコーヒーを入れようと、行動に移したくなります。

●食べきる仕かけをつくろう

おいしいものをおいしいうちに、そして賞味期限内にいただくためにいちばんよいのは「出しておく」ことです。こたつの上のみかんのように、箱から出して器に盛る。

箱に入れっぱなしだと、フタを閉めてしまいます。いくらダイニングテーブルなど目につく場所に置いていても、フタを閉めると、その上に郵便物などが置かれて隠れ、忘れられてしまいます。

グラスに入ったお菓子おすすめは、透明の器。わが家では、ガラスのコップなどに入れてダイニングテーブルにトレーで出しっぱなしに。個装でない場合は、ガラスの皿に並べてラップをかけ、やはり見せておきます。

出しておけば家族も自然と食べてくれます。たとえばチョコレートなど、味が落ちたり賞味期限が切れることを心配して冷蔵庫に入れると、おやつよと、用意してあげないとなかなか食べてくれませんが、寒い冬を味方にして、エアコンやストーブから離れた見える場所に置いておくと家族全員の手が伸びやすいです。

トレーに入れれば、食べ終わったあとにダイニングテーブルから寒い棚の上などに戻するものラクちん。

1 2

【この記事も読まれています】