1. トップ
  2. インテリア・収納

ダイソーの隠れた名品。使いかけ食品の密封がスリムにかなう

2020.11.13
  • この記事を
    シェア

食品などの袋を密封する「スライドジッパー」。ダイソーのものは、スリムな棒のような独特な形状です。
100円グッズに詳しい奥野敦子さんが、その実力を試してみてくれました。

スライドジッパー2つ

食べかけ使いかけの食品はお任せください!ダイソーのコレでスッキリ簡単密封!

ダイソーで「人気商品!」とポップがはられていた「スライドジッパー」を購入してみました。
パッケージに書かれた「差し込むだけで簡単密封」というキーワードに興味津々!
一風変わった形ですが、一体どんな風に使うのでしょう。さっそく詳しくご紹介しますね。

●棒状の「スライドジッパー」の実力とは?さっそく使ってみました

開封済みの袋の口近くにスライドジッパー開封済みの袋の口を画像のように折り、スライドジッパーの先端を折り曲げた袋の端から差し込みます。

スライドジッパーを開封済みの袋に差し込む画像のように中心部の黒い棒が入っていきますので、袋を抑えながら本体の筒を矢印の方向へスライドさせます。

スライドジッパーを差し込んだお菓子2つこれで密封完了です(完全密封ではありません)。スーッとスライドできるのがとても気持ちいいですよ!

外すときは、逆方向へスライドさせてくださいね。

●番外編:袋が分厚い場合の裏ワザ!

袋が16cm以上の場合の裏技です。

袋の折り方画像のように片端の角を折ってから、口の部分を折ると、簡単に密封できます。お試しくださいね!

●見た目に美しく、保存場所をとらないのが魅力!

立てたお菓子の袋にスライドジッパーダイソーの「スライドジッパーM」は、簡単に開封済みの袋を密封できる逸品。
本体がスリムなので、使用中はもちろん、使用していないときの収納も場所を取らないのが魅力! こうやって並べてもすっきり美しいですね。ぜひダイソーで探してみてください!

スライドジッパー・ダイソー スライドジッパーM 100円(税別)

材質はポリプロピレンで、耐熱温度は120度、耐冷温度は-20度です。
使用する袋の適正サイズは16cmまで、袋の厚みは0.06~0.2mmです。
スライドジッパーを使用したまま、レンジ等で加熱はできませんのでご注意ください。

●教えてくれた人
【奥野敦子さん】

週の半分以上は100円ショップ巡りで新商品のチェック。3~4軒のハシゴはもちろんこと、そこで4時間以上過ごすことも。おうちカフェや100均DIYの情報をブログやメディアで発信中

このライターの記事一覧