1. トップ
  2. インテリア・収納

ずっと家にいてもストレスなし!65平米4人暮らしの空間づくり

ESSE編集部
2020.11.30
  • この記事を
    シェア

外出自粛や在宅ワークで家にいる時間はまだまだ長くなりそう…。そんななか、暮らし上手な人はこの状況で生まれたおうち時間を、むしろ積極的に楽しんでいる模様。整理収納コンサルタント・本多さおりさんのおうち時間をのぞいてみました。

家にいる時間をストレスに変えない解決策を見つける

中古マンションをリノベーションしたお宅で暮らす本多さん。家族4人でその広さは65平米。仕事場も兼ねているというから、それほど広さはありません。
それでもすっきり心地よい暮らしを実現。要は、おうち時間を楽しむための工夫がカギに。

●自分にとっての癒やしスペースを大事に

ソファに女性
本多さんにとっての癒しのスペースがソファ

「いつもいる“癒しスペース”にお気に入りの雑貨やグリーンを置いて整えておけば、おうち時間の心地よさが格段にアップ」

マットとパソコンの部屋夜はマットを敷いてだんらんの時間に。

●苦手な作業は便利家電に頼る

白ホットクック苦手だという料理をラクにするため自動調理鍋「ホットクック」を導入。
「子どもの食事を毎食用意することも増えましたが、これで乗りきれました」
苦手なことはがんばらないのがモットーです。

●手入れの簡単なグリーンで気持ちをリフレッシュ

洗面台にグリーンベランダ栽培のミントを花ビンに飾って洗面台に。
「水替えが面倒なので(笑)、グリーンは水回りの近くに置くようにしています。日に何度も使う洗面台に飾ると目に留まって◎」

●巣ごもり時間こそ暮らしのストレスを見直すきっかけに

テーブルの脚にコンセント家にいる今こそ、気になる点を改善するチャンス。
「床にあってジャマだった電源タップに面ファスナーをはってテーブル裏につけられるように。小さなイライラを解消できました」

●家のどこにいてもラジオや音楽が聴けるように

トイレにCDプレーヤー
トイレにも!

ワークスペースに設置したスピーカーからは一日じゅう、FMラジオが流れています。トイレにもCDプレーヤー。
「ラジオや音楽を聴いていると自然とリラックスできるんです」

●ベランダを上手に使えばおうちの中でも気分転換

ベランダのテーブルにパソコンベランダにテーブルを置いて仕事をしたり、音楽を聴いたり。
「ちょっとした工夫で家でもレジャー気分が味わえます」

ルーフバルコニーにビニールプールルーフバルコニーでは子どもたちがビニールプールに大喜び。

●家族を家事に巻き込む工夫をする

収納引き出し子どもたちが自分で身支度できるように、浴室前に収納ケースを置き、家族4人分の着替えを収納。
「いちばん下の引き出しは子ども用。2歳の二男でも自分で取り出せます」

おうちで過ごす時間が長くなったことを嘆く前に、生活を見直すチャンスととらえて。暮らしやすさのアイデアはほんのちょっとしたことだったりも。そんな小さな発見をどんどん実践していけば、おうち時間が楽しいものに変わるはず!

<撮影/山田耕司 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【本多さおりさん】

整理収納コンサルタント。夫と長男(4歳)、二男(2歳)の4人家族。『モノが私を助けてくれる10年先も使いたい暮らしに投資するモノ選び』(大和書房刊)など著書多数

【この記事も読まれています】