1. トップ
  2. インテリア・収納

子ども部屋はイケアとニトリで。白で統一すればごちゃつかない

ESSE編集部
2020.10.21
  • この記事を
    シェア

インテリアをセンスよく整えるのは、手間とお金がかかりそう…と思いがちですが、おなじみの人気ショップ、無印・イケア・ニトリのアイテムを上手に取り入れれば、実現が可能なんです。
今回、取材させてもらったのは、数々のインテリアアイデアを発信しているインスタグラマー・otamaさんのお宅。そこにはマネしたいコツがあちこちに! 愛用しているアイテムを教えてもらいました。

リビングは色と素材を絞って落ち着いたインテリアに

インテリアをスッキリまとめるコツは、家具などのアイテムの色や素材を厳選すること。otamaさんのお宅では白とグレー、木の3つが基本です。どんなアイテムをとり入れているか、見ていきましょう。

●壁に付けられる家具にインテリア雑貨を置けば、子どもも手が届かずに安心

<無印良品>壁に付けられる家具
欲しいところに棚が増やせる無印の人気アイテム

<無印良品>壁に付けられる家具

陶器やガラス雑貨、とげのあるサボテンなど触れられたくないものは、壁につけた棚へ。「手の届かない場所へ飾れば、安心してインテリアが楽しめます」

●テレビボードの上にランプを置いて空間を引き締め

<イケア>テールナビー テーブルランプ

<イケア>テールナビー テーブルランプ

白とグレーの空間をほどよく引き締めているのが、テレビ横に置いた黒のテーブルランプ。「アルコールランプのようなシックな見た目にひと目ぼれ。明るさも調整できるんです」

●人気のワゴンも白をチョイス!オープン収納がすっきり見える

<イケア>ロースコグ スチールワゴン

<イケア>ロースコグ スチールワゴン

カラバリが豊富なイケアのワゴンもあえて白を選んで、統一感をもたせるのがすっきり見せるコツ。

親子「子どもの勉強グッズを収納し、使うときだけワゴンごとテーブル横へ移動します」

白ワゴンキッチンにも同じ色のワゴンを置き、調理グッズや根菜類、お弁当箱などをオープン収納。「こまごまとしたものを入れても、ベースが白なら、ごちゃついて見えません」

キッズルームは色をそろえてごちゃつかないよう工夫

キッズルーム雑多になりがちな子ども部屋は、白いアイテムで統一感のある場所に。
「色をそろえたらブランドを組み合わせても違和感がでません」

<ニトリ>カラーボックスNカラボ

<ニトリ>カラーボックスNカラボ

アクセントにカラーボックス上にお家形オブジェを自作。
「娘もお気に入りです」

<イケア>トロファスト

<イケア>トロファスト

定番のトロファストもすっきり見える白に。
「入れるオモチャのサイズに合わせて引き出しを使い分け。子どもでもわかりやすいよう、1つの引き出しに1種類のみのルールにしています」

●ウォールシェルフをつけて壁もかわいく飾りつけ

<ニトリ>ウォールシェルフ

<ニトリ>ウォールシェルフ

キッズルームの壁は、子どもたちと一緒にウォールステッカーをはってかわいらしく演出。「ステッカーとシェルフの色を合わせて、にぎやかにしつつも、うるさく見えないようにしています」

無垢材ベンチで玄関でもグリーンを楽しむ

<無印良品>無垢材ベンチ

<無印良品>無垢材ベンチ

狭いスペースでもグリーンが楽しめるよう、コンパクトなベンチを配置。「靴の脱ぎ履きや、荷物を置くときにも重宝。壁のニッチ棚にも小さなグリーンを飾っています」

おしゃれに暮らすインテリア上級者のお宅では、アイテム選びにもセンスのよさが光ります。気になるアイデアがあったら、ぜひとり入れてみてください。

※取材したお宅で使っている家具やアイテムは、現在発売中止のものや、売り切れの場合があります。ご了承ください。

<取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【otamaさん】

夫(30代)、長女(5歳)、二女(2歳)と暮らすワーキングマザー。インスタグラム(@otamaotama123)ではグリーンを取り入れたインテリアのアイデアを紹介。

【この記事も読まれています】