1. トップ
  2. インテリア・収納

100円グッズで、スーツケース収納時の床汚れ悩みが解決

2020.09.15
  • この記事を
    シェア

出張や旅行で大活躍のスーツケース、家で収納して置くときにキャスター部分が床などについてしまうのが気になります。その都度きれいにふくのは手間だし、スーツケースカバーをかけるのも面倒。大きくて重いスーツケースだと、玄関から収納スペースまで持ち上げて運ぶことすら大変です。

その解決策を教えてくれたのは、整理収納アドバイザーのRinさん。使うのは100円ショップで手に入る意外なアイテムでした。

スーツケースのキャスター部分
スーツケース収納時の長年のお悩みが解決!

100円グッズのチェアソックスがキャスターカバーにぴったり!だったんです

室内の汚れ防止に使っているのは、どの100円ショップでも手に入るチェアソックス。ダイニングチェアなどの脚に履かせてフローリングを保護するためのものです。

チェアソックス「チェアの脚とキャスターの数、どちらも4だったのでちょうどよかったです。キャスターの大きさに合わせて伸びてしっかりフィットしてくれます」

キャスター部分にチェアソックスカバーすれば床が汚れないので安心。Rinさんは表面の汚れをウエスでサッと落としてから履かせているそうですが、そのまま履かせてもOK。ソックスが必要ないときに外して洗濯すれば、内側についた汚れも落とせます。

スーツケースシンプルな暮らしを目指すシンプリストであるRinさん、チェアソックスはスーツケースと色がなじむように合わせて購入したそう。

●カバーをつければ立てて収納できる

収納チェアソックスを履かせれば汚れを気にすることもなく、立てて収納することができるので省スペース。出し入れも簡単です。

注意点はといえば、キャスターの大きさとチェアソックスの幅を合わせることぐらい。大きめのキャスターなら、伸びた使い古しのチェアソックスで試してみては。

スーツケース収納に悩んでいるなら、この簡単テクニックをぜひ試してみてください。

<取材・文/佐藤望美>

●教えてくれた人
【Rinさん】

整理収納アドバイザー1級、ビジュー式片付けカードワーク インストラクター、収納検定2級を取得。介護福祉士、ケアマネージャーとして高齢者介護にも20年以上携わっている。収納テクニックを使って多くのものを収納することより、必要なものを見極めてシンプルに暮らすことを目指し、役立つコツをブログ「Rinのシンプルライフ」で発信中。50代からの暮らしの整え方や、小さな平屋での夫婦ふたり暮らしの投稿も好評!

このライターの記事一覧