1. トップ
  2. インテリア・収納

収納に困りがちなトイレットペーパー。大容量を買うときのコツ

2020.08.24
  • この記事を
    シェア

買い物に行く回数が減ったり、家で過ごす時間が増えたりという理由で、食品や日用品のストックが増え、収納に悩んでいる家庭も多いのではないでしょうか?
ここでは、ライフオーガナイザーの下村志保美さんが、トイレットペーパーのストックと収納について考えてくれました。

ストックについて考えるべき時期。散らからないための収納を考える

保存食や暮らしまわりの消耗品など、ストックについて改めて考えています。
なかでもトイレットペーパーは一時期全国的に品薄になったこともあり、少し多めにストックしようと思うようになりました。
しかしそんなストック品が増えたことで「収納スペースからあふれてしまった!」なんて悩みはありませんか?

●わが家のベストは、コストコのトイレットペーパー

コストコのトイレットペーパー
コストコのトイレットペーパーは長持ちするけれど収納場所も必要です

わが家では、コストコのトイレットペーパーを愛用しています。やわらかい感触も好きですし、ダブルなのに長持ちするので交換頻度も少なくすみます。

しかし一方で30ロールあるので収納スペースも必要になってきます。

●トイレットペーパーはトイレ内と洗面所に分けて収納

壁をくり抜いた造りつけ収納わが家のトイレ内には壁をくり抜いた造りつけ収納がありますが、掃除用品なども入れたいのでここに置けるトイレットペーパーは4個程度。

残りのペーパーは洗面所のリネン庫と言われるスペースに入れています。

トイレットペーパー専用のスペーストイレットペーパー専用のスペースにしていて、この30ロールが丸ごと収まります。

●ストック品をしまうための「収納予算」を立てよう!

ストック品で家が散らからないための大切なポイントは、「最大でどれくらいのものが家に入ってくるか」の量を予測しておくこと。

私はこれを「収納予算」と言っています。スペースの予算決めです。

今ある量だけ見て片づけて定位置を決めてしまうと、買い物直後は収納スペースに入りきらず、片づかない原因になってしまいます。

わが家の場合、トイレットペーパーが最後の1個になってから買いに行くわけではないので、30ロールプラスアルファの収納予算を立て、ここにスペースを確保しています。

●トイレットペーパーは袋から出す派?むき出し派?

さてトイレットペーパーは一応衛生用品。
袋に入れたまま収納した方がいいのかもしれませんが、私はできるだけ袋から出してしまっています。

理由は使うときにラクだからです。家族もこういう状態であれば洗面所の収納スペースからトイレ内の収納に補充してくれます。

扉つきの収納の中であれば、ホコリなどの汚れも気になりません。ただ、湿気の多い場所に収納する場合はご注意を。

扉つきの収納の中また袋に入れたままだと残りの数が把握しにくく、気がつくと「最後の一個だった!」と慌てることにもなりかねません。

一方で収納スペースの状況から、パッケージに入れたままにすることもあります。

こちらは私の事務所内のストック置き場。

事務所内のストック置き場キッチンタオルのストックもたくさんあって、バラしてしまうとかえって収納しにくいので、あえてビニールに入れたままにしています。

●来客が困らない「1つだけ出しっぱなし収納」

だれかのお宅に伺ったとき、トイレットペーパーを使いきってしまって、補充した方がいいとは思うけれど、よそのお宅の収納をあけてまで補充するのはちょっと…と思った経験はありませんか?

ロール1つは出しっぱなしわが家はロール1つは出しっぱなしにしています。

見た目はすてきではないかもしれないのだけど、こうしておけばお客様もすぐにわかりますし、トイレの中でペーパーがない! となっても困りません。

●ペーパー類は最低1か月分の備蓄習慣を

「最後の1つになったら買う」というストックを持たない考え方もありますが、防災備蓄の観点からもやはり多少のストックは必要です。
ペーパー類は1か月分が目安とのこと。今回のトイレットペーパーの品薄もそれくらいで解消しましたよね。
あらかじめ収納予算を確保しておくことで「片づく備蓄」が実現します。

●教えてくれた人
【下村志保美さん】

ライフオーガナイザー、ファイナンシャルプランナー、家計アドバイザー。「空間・お金・心」の3つを整えることで、忙しい女性をサポートする「PRECIOUS DAYS」を主宰。著書に『片づけのプロが教える心地いい暮らしの整え方』(三笠書房刊)がある

このライターの記事一覧