1. トップ
  2. インテリア・収納

和×北欧テイストで夏のさわやかインテリア。カゴやグリーンで涼しく

ESSE編集部
2020.08.08
  • この記事を
    シェア

うだるような暑さが続いています。今こそ、衣替えをするように、部屋のしつらいも夏仕様にチェンジしてみましょう! 気持ちがすっとあらたまりますよ。

家具を大きく変える必要はありません。涼感を演出する小物使いや、暑い日を快適に過ごす暮らしのアイデアを、人気インスタグラマーhibiiroさんに教わりました。

ダイニングとキッチン
白とウッドをベースにしたダイニング。色を絞ったインテリアもすっきり見せる秘訣です

和室とグリーンを上手に使って、夏でも心地よい涼感インテリア

さわやかな雰囲気が漂い、なんとも居心地のよいhibiiroさんの住まい。とくに目を引くのがリビングとして活用している和室で、北欧テイストの家具やファブリックが調和し、とてもおしゃれな空間です。

「畳のさらりとした質感と清涼感のある香りは、夏にぴったり。北欧のアイテムはカラフルな原色のものも多いけど、あえてシックなアースカラーを選ぶことで、和室ともしっくりなじみます」

●和室をリビング代わりに。北欧風ですっきり見せる

ソファダイニングの隣の和室は、ソファを置いてリビングとして活用。
「目につくサイドテーブルやクッションは北欧のアイテムが中心。シックな中間色を選ぶと和室となじんですっきり見えます」

子どもの後ろ姿床に座ってのびのび遊んだりくつろいだりできるのも畳のよさ。
「畳の香りも気に入っています」

●カゴなど和小物を取り入れて涼しげに

デスクとイスキッチンやワークスペースに取り入れたカゴも、涼感を出すのにぴったりのアイテム。デスク下の市場カゴには、学校の資料や図書館の本などをイン。

たくさんのカゴ「器を入れたり、雑多なものを目隠ししたり。リネンのクロスと合わせると、より夏らしくなります」

カゴに入った食器椀カゴには毎日使う食器を入れるほか、パンやお菓子の収納にも活用。

●手づくりの日よけをつけ縁側で夏を楽しむ

日よけのあるベランダ日よけはインテリアをじゃましないシンプルな無地にし、夏場のくつろぎスポットに。

ベランダでお食事「晴れた日に、おやつや、バーベキューを楽しみます」

おうちの中のいたるところに飾られた初夏のみずみずしいグリーンも、涼感を演出するのに一役買っているようです。

「植物をテーブルや窓辺にざっくり飾るだけで、部屋が涼しげな雰囲気になります。もともと植物が好きなので、家を建てるときに庭師さんと相談しながら、育てやすくて、飾ったときに絵になるユーカリやアジサイを植えました。インテリアが物たりないなと思ったときに、さっと庭に取りにいけるのがいいですね」

<取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【hibiiroさん】

4LDKの戸建てに、夫、長女、愛猫と暮らす。北欧と和のアイテムを組み合わせたインテリアのアイデアをインスタグラム(@hibiiro)で発信