1. トップ
  2. インテリア・収納

小さいものはペアにしてみたら?雑貨がまとまりよく、引き立って見える飾り方

2016.11.26
  • この記事を
    シェア

 部屋のおしゃれのために雑貨を衝動買いしたものの、どう飾ったらいいかわからない!ディスプレーしたものの、なんだかしっくりこない!プランなしに並べただけでは雑貨の楽しさが半減することも。空間をおしゃれに彩るには、ちょっとしたルールを守る必要があります。インテリアのプロにお話を伺いました。

ルールを守れば雑貨の存在がぐっと引き立つ!

●同じ作家の作品でまとめることで、見た目の統一感を出す

同じ作家の作品でポストカードを飾る ポストカードを例に説明しましょう。「何枚かまとめて飾る場合は、同じ画家や写真家が手がけたものを選ぶだけで、自然にテイストがそろって見えやすくなりますよ」(北欧雑貨店オーナー・おさだゆかりさん)。もしも異なる作家の作品も飾りたい場合は、位置をちょっと外して演出方法を変えるなどすると、統一感を壊しません。

●小さいものはペアにしてかたまりにすると、まとまりあるディスプレーに

小さいものをペアにしてまとまりあるディスプレーに 絶妙なセンスで並べることができれば話は別ですが、小さな雑貨を複数飾るとパラパラ見えてしまいがち。そんなときは、2つずつそろえて飾ると「棚全体にまとまりがある印象に」(おさださん)。リズムも生まれます。

●風と光を感じさせる場所に置いてみる

揺れるモビールで外の空気を呼び込んで さわやかに風で揺れるモビール。「戸外の空気を感じたいので、ダイニングの天井に取りつけてみました。ライトに照らされる夜は、ゆらゆらと楽しい影をつくります」(スタイリスト・澤入美佳さん)。動きのあるアイテムは、風や光を生かして置いてみましょう。

●強い色彩の絵を淡白な空間のアクセントに

強い色彩の絵を階段のアクセントに たとえば階段をのぼりきったところを大好きな絵で彩ります。「インパクトのある色使いに引きつけられて自然と視線が上を向き、階段を上がるのが楽しくなります」(澤入さん)。シンプルな背景に、小さいながらもヴィヴィッドな色彩が加わることで印象的なスペースに。

 いかがでしたか?紹介したルールは、飾る雑貨が変わっても応用が効きます。ぜひお気に入りで、試してみてくださいね。

●教えてくれたインテリアのプロ

【北欧雑貨店オーナー:おさだゆかりさん】
雑貨ブランドでバイヤーを経験したのち、2005年にオンラインショップと予約制の店舗『SPOONFUL』を運営。http://www.spoon-ful.jp/

おさだゆかりさん
おさだゆかりさん
【スタイリスト:澤入美佳さん】
料理や雑貨などのスタイリングを手がけ、数多くの女性誌で活躍中。著書に『雑貨&インテリアレッスン』(フレーベル館刊)ほか

澤入美佳さん
澤入美佳さん
<撮影/山田耕司(おさださん)、元家健吾(澤入さん)>

雑貨&インテリアレッスン

雑貨屋さんが大好きな人や、「もっとおしゃれな部屋にしたい」って思っている人に。身近なものを使ってちょっと工夫すれば、ほら、かわいい雑貨に大変身!気軽に楽しくインテリアしましょ。てづくりたからばこを開けて世界にひとつしかないあなただけのたからものを作ってね。