1. トップ
  2. インテリア・収納

収納スペースの「微妙に手が届かない」ストレスを簡単に解決

2020.07.13
  • この記事を
    シェア

せっかくの収納スペースでも「ちょっと手が届きにくい」「なんとなくサイズが使いづらい」ことで不便さを感じることがあります。

そんなときも少しの工夫で使い勝手は改善できます。片づけのプロフェッショナルであるライフオーガナイザーの森麻紀さんに、ご自宅を例に、収納の工夫を教えてもらいました。

底が深すぎる、高さが合わない…収納のサイズの微妙な使いづらさを改善するテク

●トイレットペーパー

トイレットペーパーホルダーにトイレットペーパー
微妙に使いづらかったトイレットペーパーホルダー

わが家のトイレは、便器のすぐ横にトイレットペーパーのストック入れがあります。この中に、三段積み重ねて入っています。
すぐに取れる便利な場所なのですが、一番下の列だけ、体をかなり傾けないと手が届かず…取れるけど、取りにくい!

そこで、最後までストレスなく取れるように“底上げ”をすることにしました。

収納用品底上げ使用したのは家に余っていた収納用品。

トイレットペーパートイレットペーパーを三段積み重ねると収納ギリギリですが、その分、一番下のトイレットペーパーが取りやすくなりました。

●キッチンのゴミ箱

キッチン窓の下に置いているペダル式のゴミ箱は20リットルなので、セットするゴミ袋も20リットルサイズなのですが、私が使用しているゴミ袋は“取っ手つき”のため、ゴミ箱の底から少しだけ浮いた状態でセットされます。

ゴミ箱アップそのため、少し重みのあるゴミを入れたとき、しっかりセットしてあったはずのゴミ袋が沈みこみ、引っかけてあった部分が取れてしまいそうになるのです。

ゴミ袋この状態を回避するため、ゴミ箱の底に、先ほど同様、逆さまにした収納用品を置きます(写真左)。
ちなみに、逆さにした収納用品の上にストックのゴミ袋を置いています(写真右)。ゴミ袋を捨てる→次のゴミ袋を取りつける、という作業がスムーズになります。

ゴミ箱の容量が少しだけ小さくなり、ゴミ袋の沈み込みもなくなりました。

●リビングの子どもスペース

子どもスペースこちらは小学5年生の娘の学習机。真正面に鏡が置いてあります。防災を意識して倒れない場所に…と考えた結果、この場所にしたのですが、置いた当初は、鏡の高さが低く、座っているときにしか見えないという状況でした。

ファイルボックスの上に鏡そこで、逆さにしたファイルボックスの上に鏡を乗せてみました(床に立てかけるのと同じ安定感をキープしています)。

底上げにより、高さが12cm高くなったことで、ずいぶん見やすくなったと娘にも好評です。

どれも、自宅で余っていた収納用品ばかりです。底上げに使うものは、サイズが合えばなんでもいいのですが、買いすぎてしまった収納用品の使い道のひとつとして、参考になれば幸いです。

●教えてくれた人
【森麻紀さん】

愛知県名古屋市在住。夫、長女の3人暮らし。ライフオーガナイザー1級の資格を活かし、暮らしと空間を整える整理収納サービスを行う。ブログ「今の暮らし これからの生活」では“自分にちょうどいい片づけ方”を更新中

このライターの記事一覧