徹底解説!収納のプロが「無印良品」や「Fits」の収納ケースを選ぶワケ
2016.09.15

 どの収納本にも、必ず登場する無印良品の収納ケースやFitsケース。自宅で使っている収納のプロの人も多いんです。なぜ無印やFitsが選ばれるのか。そのワケをご紹介します。

インテリアのじゃまをしないシンプルさがいちばんの魅力!

無印Fits1 ムダな装飾を省いたシンプルなデザインで、部屋の一角に置いても、クローゼットや棚の中に入れても、主張しすぎないのが大きな理由。掃除もしやすく、引出しの開閉がスムーズなのもうれしいところ。

豊富なサイズバリエーションとオプションパーツ

 収納のプロが、収納グッズを選ぶとき最も重要視するのが、内側のサイズです。「衣類のトップスにはこのくらいの大きさ」「下着類にはこのくらいの深さ」「小物の収納には…」と、それぞれのモノに適したサイズあります。それらが規格化されているのが無印やFitsの収納ケース。さらに、同じデザインでキャスターやオプションパーツを揃えることができるから、さらに使い勝手をよくすることができます。

空間を有効活用!デットスペースが少なく、たくさん収納できる!
 無印やFitsの収納ケースは、ケースの枠もシンプルな形なので、デットスペースになる部分が少なく、同じような収納ケースと比べると収納量にかなりの差があるんです。

空間を有効活用! 無印の収納ケースは枠がスリムで収納力が高く、比較的安価なので経済的!

枠がスリムで収納力が高いFitsケースも枠がスリムで、丈夫なのが◎

Fitsケースも枠がスリムで、丈夫なのが◎ こちらは、枠部分に厚みがあり、収納できる容量が少ないタイプ。同じ体積を使って収納するなら、たくさんのモノを収納したいですよね。

規格サイズが安定しているから、買いたしにも便利!

規格サイズが安定しているから、買いたしにも便利! サイズが変わらないから、数年後に買いたしてもぴったり重ねられます。わが家の無印良品の収納ケースは、10年前に購入したモノもあれば、1年前に購入したモノもあります。しかし、幅も奥行きも変わらないので、重ねて使え、重宝しています。

 一度決めた収納は永遠ではありません。家族が増えたり、ライフスタイルが変われば収納用品や収納方法を変えなければならない場合も。その変化に対応できるのが、無印良品やFitsケースなのです。ご自宅の収納用品選びの参考にしてみてください。

【取材・文/甲島慶子さん】
整理収納サービスGirasol―ヒラソル―主宰。整理収納コンサルタント。千葉・茨城県内にて整理収納サービスを提供。子どものいる家庭の整理収納を得意とする。夫と小学生の娘2人の4人暮らし http://ameblo.jp/girasol-keke/