1. トップ
  2. インテリア・収納

カインズの白い消耗品。すっきり暮らす人が愛用するのはこれ

2020.06.13
  • この記事を
    シェア

ものが多いわけではないのに、部屋がごちゃごちゃしている…。そんなときは、アイテムを統一するのも手です。

60平米の賃貸マンションに家族6人で住むブロガーのベリーさんは、小さなスペースですっきり暮らし達人。教えてくれたのは、「目に入る色を減らすために、アイテムは白を選ぶ」ことだそう。カインズで手に入るアイテムを教えてもらいました。

お風呂グッズ
わが家のお風呂グッズは白で統一。色が少ないのですっきり見せられます

すっきり暮らしの基本は色を減らすこと。カインズで手に入る白グッズ

わが家は、60平米の賃貸マンションに夫婦と子ども4人の6人暮らしです。スモールスペースにすっきりと暮らすために心がけていることがいくつかあるのですが、そのひとつは、「目に入る色数を減らすこと」。色の力はなかなかに大きく、狭い空間の中にいろいろな色が溢れていると、視界がごちゃごちゃとして圧迫感を感じる気がするためです。

わが家では、なにかを購入するときは基本的に白を選んでいます。とくに、気軽に買い替えができる消耗品は、できる限り白。白を買うと決めておけば、部屋の中で色数が増えることを抑えられます。

白いものを探すときによく利用するのが、ホームセンターのカインズです。カインズでは余分な装飾が省かれたシンプルな外装のものがたくさん見つかります。そしてなにより、買い求めやすい値段のものが多いのです。

シューズブラシとアクリル毛糸スポンジたとえば、キッチンやお風呂掃除に使える白いアクリル毛糸スポンジは78円。柄が白い靴洗い用のシューズブラシは98円。

消臭剤などさらに、冷蔵庫に入れる白いフタの消臭剤は198円、排水口用ストッキングは178円、キッチンのシンクを洗うためのクリームクレンザーは88円という感じです(ビニール袋の外箱は、以前は白だったのが残念ながら野菜の柄ありに…)。

ひとつひとつは小さなものですが、小物こそ白をチョイス。キッチンや洗面台まわり、バスルームのグッズはカラフルなアイテムが売っていることが多いですが、少しずつでも白にそろえていくと、目に入る色味が減って視界が落ち着きます。

お風呂のイスそして、消耗品以外でも。最近買い替えたバスグッズはこちら。真っ白なお風呂のイスです。

お風呂のイス裏このイスを選んだ決め手は裏面でした。余分なでこぼこがないので、洗いやすい。ここにでこぼこがあったり仕切りがあると、とたんに洗いづらくなります。

毎日の掃除では、お風呂上りにスポンジでさっとなでるだけ(洗剤も使いません)。見た目にすっきり、掃除もしやすい白いイスは2480円、壁に引っかけられる洗面器は428円でした。
スモールスペースですっきり暮らすために、まずは家にあるもの色数を絞る。買い替え時に意識するだけで、住まいを少しずつシンプルに近づけられる、簡単な方法のひとつです。

※価格はすべて税込みです。
※ご紹介した価格は2020年6月現在のものです。

●教えてくれた人
【ベリーさん】

都内の60平米の賃貸マンションで6人暮らしをするワーキングマザー。夫婦双方の実家が遠方のため、ラク家事・ラクごはんのシンプルな暮らしを追求。ブログ『ベリーの暮らし』を運営。4月に『子供4人共働き・賃貸60㎡でシンプル丁寧に暮らす』(すばる舎刊)が発売中

このライターの記事一覧

【この記事も読まれています】