きちんとしまえば、来年の夏ラクできる!水着のおすすめ収納
2016.09.08
  • この記事を
    シェア

 水着はクローゼットの引き出しに、バスタオルはタオル置き場に、プールバッグはバッグ置きに…と海やプールで使ったものを分けて収納していませんか。確かに分かりやすい収納方法に思えるかもしれませんが、来年の夏にバタバタと準備する羽目になるかもしれませんよ。海水浴やプールは夏だけという方におすすめの収納方法をご紹介します。

今年着なかった水着も集結させる!

着なかった水着も集結させる! まだサイズが大きかったお下がりの子どもの水着や帽子、気分に合わせて選びたい水着など、今年は着る機会がなかった水着やゴーグルもすべてまとめておきましょう。こうしておくと、来年新しいものに買い替えるときも、考えやすくなります。

使いきれなかったウォータープルーフの日やけ止めも!

ウォータープルーフの日やけ止めも! 着替えるときに便利なゴム入りのバスタオルやビーチサンダル。秋以降は使わないなら、水着と一緒に収納しておくと便利!今年使いきれなかったウォータープルーフの日やけ止めやサンオイルなどがあれば、メイクグッズの中に戻すのではなく、プールグッズと一緒に収納がおすすめです。

プール専用グッズも一緒に

プール専用グッズも一緒に 浮き輪&空気入れ、プール用の小銭入れ、それからレジャーシートなど、海水浴やプールでしか使わないというグッズがあれば、一緒にまとめておきましょう。

すべてまとめたら、ラベルをつけて収納!

ラベルをつけて収納! 全部をまとめて、箱などに入れて収納しましょう。海びらき、プールびらきの頃に箱を取り出すだけで、一気に準備が整います。箱がなければ、大きめの紙袋でもOK。クーラーボックスの中に一式まとめて収納しても。

 水着やゴーグルだけでなく、空気入れやレジャーシートまで、海やプールで使うものを、種類を超えてすべてまとめて収納する方法をご紹介しました。夏以外にもスポーツジムで泳ぐという方は、ジムグッズとして収納をおすすめしますが、夏だけしか使わないという人は、ぜひ試してみてくださいね。

【取材・文/甲島慶子さん】
整理収納サービスGirasol―ヒラソル―主宰。整理収納コンサルタント。千葉・茨城県内にて整理収納サービスを提供。子どものいる家庭の整理収納を得意とする。夫と小学生の娘2人の4人暮らし http://ameblo.jp/girasol-keke/