1. トップ
  2. インテリア・収納

家時間を左右するスリッパ選び。掃除もラクになる理由

2020.05.24
  • この記事を
    シェア

自宅で過ごす時間が増えたことで、家の中で気になることも増えてきます。

「家の中でスリッパを履くと、掃除がラクになりました。快適に過ごすためにもスリッパ選びは重要です」というのは、ライフオーガナイザーの下村志保美さんです。

足のため、床のため、お気に入りのスリッパを見つけましょう

家の中でスリッパを履く習慣がなかったとき、私はかかとを痛めたことがあります。そのときに医師からスリッパをすすめられ、そこから習慣になっています。

家族にもスリッパを履いてもらうようにしたところ、もう1ついいことがありました。床の掃除がラクになったことです。

裸足で家の中を歩き回ると、どうしても皮脂などで床が汚れやすくなります。お掃除を簡単にするためにもスリッパは効果的。そして自宅での時間をより快適にするためにお気に入りのスリッパを見つけてはいかがでしょうか?

●ヒールスリッパは足音にご注意!

黒いヒールスリッパ
スタイルよく見えるヒールスリッパは足音に注意!

家の中でも緊張感を保つため、また家の中でも気分を上げるために一時期ヒールスリッパを履いていました。

確かに姿勢もよくなるし、来客時にも見た目もいい。パンプスに合わせた長さのパンツを履いていても歩きやすいので重宝していましたが、思わぬところからクレームが出ました。

2階にリビング、そして1階に寝室があるわが家ではヒールスリッパの歩く音が想像以上に響くようで、家族が寝ている間に私がキッチンやリビングをウロウロすると音がうるさい…とのこと。

言われてみたらたしかに音だけではなく振動もほかのタイプのスリッパより響きます。残念ですが封印することにしました。

●300円のスリッパは履きつぶす

料理や掃除をするときにもスリッパを履いているとどうしても汚れてきます。以前は洗えるスリッパというものを買って洗っていたけれど、スリッパだけ手洗いするのも面倒だし乾かすのにも時間がかかります。

赤と黒のスリッパそこで使い捨てにしても惜しくない価格のスリッパを購入し使ってみました。

かかとのクッション部分日中に仕事に行く生活をしているときは1か月から1か月半は大丈夫だったスリッパ。しかし自粛生活が始まってほぼ家にいる生活になると、2週間でかかとのクッション部分が潰れ、生地も擦りきれてしまいました。

普段ならいいのですが、夫もテレワークで家にいるので、2人分のスリッパをこのペースで履きつぶすのはもったいない。
買いに行くこともままならないので、今はこの方法は不向きです。

●スリッポンタイプは足にぴったりフィット

300円のスリッパがボロボロになってきたので新しいスリッパが欲しい、だけどお店には買いに行けない。

そんなとき友人からすすめられたのがスリッポンタイプのもの。

スリッポンタイプのスリッパ こちらはグンゼのおうちスリッポン。軽くて伸縮性もあり足にフィットするので歩きやすい。裸足でも靴下を履いてもぴったりフィットします。

足音が響くこともなく、メッシュ素材なので洗ってもすぐ乾きます。
またコンパクトなので玄関に脱いでいてもじゃまになりません。

おうちスリッポンMサイズとLサイズがあり、普段24.5センチの靴を履いている私はMサイズ、夫はLサイズを購入しました。

あまりにも快適なので、洗い替えに2足目を注文しているところです。

●スリッパで快適な毎日を

家にいる時間が増えて、スリッパという意外なものがすぐにくたびれてしまいました。ぜひお気に入りの1足を見つけて、巣ごもり生活を快適にしてくださいね。

●教えてくれた人
【下村志保美さん】

ライフオーガナイザー、ファイナンシャルプランナー、家計アドバイザー。「空間・お金・心」の3つを整えることで、忙しい女性をサポートする「PRECIOUS DAYS」を主宰。著書に『片づけのプロが教える心地いい暮らしの整え方』(三笠書房刊)がある

このライターの記事一覧