1. トップ
  2. インテリア・収納

収納に便利なジッパーつき保存袋。サイズ違いを取り出しやすく

2020.05.23
  • この記事を
    シェア

若松美穂のおいしい生活主婦業のかたわらエッセイストとしても活動する若松美穂さんが、楽しく、豊かに暮らすためのさまざまな工夫をつづります。

大人気!イケアのプラスチック袋収納と片づけ活用法

コロナの影響で家にいる時間が増え、わが家は、あちこちの片づけが加速しております。

プラスチック収納袋片づけをするとき、私が最高に便利!! と感じるのが、イケアのプラスチック収納袋。

ケース普段、食材の収納や、旅行にも使うので、家族がわかりやすいキッチンに収めています。

関連記事:旅行が面倒じゃなくなる! スーツケース内収納グッズ

袋を半分に折る大判の2種類は、クリアファイルに半分に折って入れ、ほかはサイズごとにくるっと丸め、ケースの中に縦に入れています。こうしておくと、どのサイズのものも上からスッと取り出しやすい。

ケースに袋を収納と同時に、どれが少なくなってきたかが一目でわかるので、買いたす際にも便利なのです。

袋に編み棒など収納にも大活躍。なにがいいって、ホコリがつかず、中身が見えるのが最高です!

一時期ハマり、次にいつ使うのかわからない私の編み棒たち(笑)、外で腰かけられる小さな折り畳みイス2つ、バーベキューに使う着火剤やトング、軍手などをひとまとめに。
梱包時に使うプチプチは、この中に納まる分だけと決めています。

これらはすべて納戸にしまってあるのですが、家族に「○○どこ?」と聞かれて伝えた際、中身が見える状態だと、家族も発見しやすいようです。

袋に誕生日グッズこれは、娘がお友だちの誕生会をする際に、空気を入れてふくらませたり、飾りに使うものたちです。膨らみがちなものも、空気を抜けばかなりスッキリ収まります。

【若松美穂(わかまつみほ)】

お金をかけずにセンスと工夫でおしゃれに暮らすカリスマ主婦読者として、生活情報誌『ESSE』や『サンキュ!』などで紹介され人気者に。2011年、心理カウンセラーの資格を取得。主婦業のかたわら、エッセイストとしての執筆活動のほか、講演、各メディアへの出演など多方面で活躍。夫と娘2人、母親の5人家族。埼玉県在住。公式サイト「“いま”と“みらい”のへや」にて最新情報を更新中

このライターの記事一覧