1. トップ
  2. インテリア・収納

安い切り花も。輪ゴムやテープでセンスよく花をいけるコツ

2020.05.19
  • この記事を
    シェア

生花やグリーンが家の中にあると目にも優しく、気分もよくなります。
今回は、身の回りにあるものを使い、花をバランスよくいけるコツを、ライフオーガナイザーの下村志保美さんに教えていただきました。

生花
身の回りにあるものを使って切り花をおしゃれに飾りましょう

輪ゴム、セロハンテープ、針金を使って花をすてきにいける方法

●水に浸かる部分の葉を落とし、輪ゴムでゆるくまとめる

玄関先の植え込みで元気よく茂っていたツルニチニチソウをカットし、てリビングに飾ることにしました。

水に浸かる部分の葉を落とした様子グリーンでもお花でもそうですが、まずは水につかる部分の葉っぱをすべて落とします。栄養を、見せたい部分の葉やお花に行き渡らせるようにするためと、水を腐りにくくするためです。

1本の茎に輪ゴムを通した様子1本の茎に輪ゴムを通し、ほかの茎にもぐるぐると巻きつけ、最後にまたどれかの茎に輪ゴムを通して束をまとめます。

束をまとめた様子あまりきつく縛りすぎず、手で動かせば多少動く程度のゆとりがある状態に。

花ビンに挿した様子この状態で花ビンに挿します。

ゆるく輪ゴムで固定していることで葉っぱの向きの調整もラクですし、水換えのときも形が崩れにくくなります。

●スーパーの切り花を形よく活ける

スーパーでワンコインで買える切り花を、テーブルフラワーとしていけることがよくあります。

花器私は20年近く前に購入したこのタイプの花器を使っています。

穴に茎を挿すようす穴に茎を挿していくだけで丸く、形よく活けることができます。

ただこういうものがなくても手軽にできる方法があります。

●セロハンテープを使ってきれいに活ける方法

口の広い花器とセロハンテープシンプルな口の広い花器とセロハンテープを用意します。

セロハンテープを#のような形にはった様子セロハンテープを#のような形にはります。
テープを少しつまんで立体的にするといいですよ。

花器が大きい場合はもう少しテープの数を増やすといいですね。

花を挿した様子このように花を挿します。
テープがないと片方に花が偏ることがありますが、これでお花の場所が安定し、収まりがよくなります。

●針金を使って形よくいける方法

針金(ワイヤー)を花器の大きさに適当に丸めて入れる100円ショップなどで買える針金(ワイヤー)を花器の大きさに適当に丸めて入れるだけ。
そして花を挿していきます。

いけ終わって形がイマイチ…と思ったら、水を入れる前にワイヤーごと取り出し、ワイヤーの形を調整しお好みのバランスにします。

花器に花をいけた様子この方法だと日がたって少しずつ花が傷んできてお花の数が減っても、ワイヤーごと別の小さめの花器に移動させることができます。

じつは100円ショップなどに、このように花を固定させるグッズが何種類か販売されています。
ただ、花器の大きさに合わせていくつかサイズをそろえないといけなかったり、形が固定されていて茎の太さにうまく合わなかったり。

このように輪ゴム、セロハンテープやワイヤーなど自宅にあるものを使った方が、手軽で自由にかわいくお花をいけることができます。

自宅にいる時間が長い今、ぜひお試しくださいね。

●教えてくれた人
【下村志保美さん】

ライフオーガナイザー、ファイナンシャルプランナー、家計アドバイザー。「空間・お金・心」の3つを整えることで、忙しい女性をサポートする「PRECIOUS DAYS」を主宰。著書に『片づけのプロが教える心地いい暮らしの整え方』(三笠書房刊)がある

このライターの記事一覧