1. トップ
  2. インテリア・収納

クローゼットで探しものがなくなる。プロ厳選のニトリ収納グッズ

ESSE編集部
2020.06.03
  • この記事を
    シェア

クローゼットの収納に悩む方は多いはず。どんどんものを詰め込むから、小物が行方不明になったり、着たい服がすぐに見つからなかったり…。
そんな悩みを抱える読者のクローゼットを、収納スタイリスト・吉川永里子さんが大改造! 使いやすくするために選び抜いた収納グッズを紹介します。処分に迷う服を選別するコツも必見!

収納グッズでクローゼットを使いやすく仕切る

からのクローゼット
ニトリの収納グッズでクローゼットを使いやすく

一度片づけたらもう散らからない! クローゼットがリバウンドしないためには、収納グッズのセレクトが大切なポイントに。吉川さんおすすめのニトリのアイテムを紹介します。

●引き出しは浅めにチェンジ

白クローゼットケースたたんでしまう服は、浅めの引き出しを使うのがおすすめ。立てて入れれば、服同士が重ならず、あけたときに入っているものが一目瞭然!
・セレスFDクローゼットケース(S)各幅40×奥行55×高さ20cm ¥909(ニトリ)

●よく使うものはオープン収納に

白バスケット縦ハンカチや靴下、パジャマなど、頻繁に使うものは、オープンタイプのボックスへ。引き出しの上に設置します。
・バスケットポッシュ2レギュラー 幅38×奥行26×高さ24cm ¥1380(ニトリ)

白バスケット横・バスケットポッシュ2よこ型ハーフ 幅38×奥行26×高さ12cm ¥925(ニトリ)

●押し入れ用ラックで収納力アップ

押し入れ用ラック枕棚には押し入れ用ラックを入れ、空間を仕切ります。デッドスペースを有効活用でき、収納力がアップ!
・幅の調整が出来る押入れ整理棚 最大幅90×奥行37×高さ35cm ¥925(ニトリ)

適正量にまで減らすための処分の基準とは?

女性二人クローゼットには適正量以上のものはいれないのが鉄則。入りきる量に減らすために、要不要を迷わず選別できる処分の基準を紹介します。

●傷んだ服や着ていない服は優先的に処分

衣類3着タグがついたままの服は、買ってから一度も着ていない証拠。
「明らかに傷んでいる服、着ていない服は迷わず処分してOK」

ジャケット長年着ていないフォーマルウエアなどはカビが生えていることもあるので要チェック!

赤いバッグを持つ女性「かわいいけど使ってないなぁ」と思ったら、いらないもの候補に。

靴下「この靴下、穴があいてる…」
見つけたら即処分!

●処分を迷った服は着てみて考える

鏡の前の女性あまり着てないけどデザインが気に入っているものなど、処分を迷うものは、鏡の前で着てみて今の自分に似合うかチェック。
「“やせたら”とか“なにかのとき”は一生来ないものと考えて。着る場面が具体的に思いつかないときは、処分しましょう」

服を前にあてる女性これはよく着てるから残す!

黄色のバッグをもつ女性「このバッグ、意外と合わせやすいかも」。鏡で客観的に見ると判断がしやすく!

しまいやすい仕組みができれば、あとは容量に見合った服をしまうだけ。すっきり使いやすいクローゼットが手に入ります。

<撮影/山川修一 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【吉川永里子さん】

収納スタイリスト。「片づけはストレスフリーに生きる近道」をモットーに、整理収納のアドバイスを行う。4児の母でもあり、働く女性やママ目線を生かした提案が好評。インスタグラムは@erico.rm