1. トップ
  2. インテリア・収納

軽い!片づく!無印良品週間に「やわらかポリエチレンケース」を心からすすめたい理由

非ミニマリスト フネ
2020.04.01
  • この記事を
    シェア

無印良品のアイテムが10%引きで購入できる「無印良品週間」が開催中です(無料で登録できるメンバー限定)。
無印良品について詳しいブロガーのフネさんが「家が圧倒的に片づく!」とおすすめするのは、「やわらかポリエチレンケース」という収納グッズ。洗面所、リビングでの使い方を見せてもらいました。

やわらかくて見た目よし。並べておいてもおしゃれな無印良品の新定番収納グッズ

無印良品の収納グッズは、シンプルな色と豊富なサイズでとても使いやすいですよね。
なかでも、とくにイチ押ししたいのが「やわらかポリエチレンケース」。

今回は、
・「やわらかポリエチレンケース」の特徴
・洗面所での散らかされない使い方
・リビングでの散らかされない使い方

の3つをご紹介します。

5人家族で暮らしているわが家。でも、ただの5人家族ではないのです。片づけが苦手な、いや「やらない」夫と、片づけが面倒な子どもたち。
そんな散らかりがちなわが家でも、「やわらかポリエチレンケース」の散らかされない使い方です。

無印良品のやわらかポリエチレンケースとは?

●少ししなる素材で角が丸い

無印良品の人気のある収納グッズといえば、まず思い浮かぶのは「ポリプロピレンファイルボックス」。

棚わが家でも書類の収納だけでなく、キッチンでもさんざん使用しています。

このポリプロピレンファイルボックスが固くて角ばっているのに比べ、「やわらかポリエチレンケース」は少ししなるやわらかい素材で、角は丸くなっています。

ポリプロピレンファイルボックスは使っているうちに割れることがありますが、やわらかポリエチレンケースはやわらかすぎず、しなるのでそういった心配はありません。

角が丸いのは小さなお子さんがいる家庭にも優しいですね。

●色はホワイトのみ

積み重ねられている白いボックス半透明があるポリプロピレンファイルボックスと違い、色はホワイトのみ。中身を隠しつつ、統一感のあるインテリアを演出できます。

●フタを使うとスタッキングできる

別売りで半透明のしっかりした固さのフタがあり、それを使うと積み重ねることも可能です。

●A4が入る大きさと、その半分のハーフがある

無印良品らしくサイズ展開あり。ハーフサイズが2つで大きいサイズ1つとピッタリです。

ボックスのサイズ上の写真はやわらかポリエチレンケース・中のハーフ、やわらかポリエチレンケース・中で、深さは16cmです。
同じ大きさで深さが8cmの小、24cmの大、32cmの深もあります。

また、洗濯物入れやオモチャ収納に使えそうな直径32cmの丸型のものも、深32cmと中16cmがあります。

●耐冷・耐水性に優れている

耐水だけでなく、耐冷性にも優れていることから、冷蔵庫の中でも使うことができます。ただし、取っ手が穴あきタイプなので密閉性はなし。
ジャムやバターをまとめた「朝ごはんセット」や「使いかけ野菜セット」など、グルーピングしたいときにぴったりです。

水にも強いので水洗いもでき、水回りで使えるのも便利。

やわらかポリエチレンケース:散らかされない洗面所での使用例

5人家族の洗面所。どうしても脱いだ服やパジャマが雑然としていました。

棚にポリエチレンケースそこで、ひとり1つの専用脱衣カゴとしてやわらかポリエチレンケースを使っています。
どう使おうが自由なのですが、みんな脱いだパジャマはここに入れ、お風呂に入るときに洗濯しない服も一時的にここに入れています。

ここのケースは部屋に持っていくことはなく、洗面所に置きっぱなし。中の服だけを洗面所を出るときに持って出ます。

2段目奥にもポリエチレンケースちなみに、この脱衣カゴの奥にやわらかポリエチレンケースのハーフが3つ並んでいます。

ここは洗濯乾燥機のすぐ上でホコリがよくたまるので、フタをしています。普段使わない花ビンやヘアアクセサリー・石けんなどを収納しています。

1 2 3