1. トップ
  2. インテリア・収納

築51年団地暮らし。タイルシールでDIY、少しずつ理想の家に

ESSE編集部
2020.03.03
  • この記事を
    シェア

「引っ越してきた当初は、狭くて古いこの部屋が大嫌いだったんです」と苦笑いまじりに振り返るのは、築51年の団地で、夫と4人の子どもと暮らす大塚沙代さん。
自分なりにカスタマイズをした結果、手づくり品や古い家具に囲まれた、温かみのある空間が完成。部屋から伝わってくるにぎやかな家族の暮らしが、ESSE暮らし of the year準グランプリを受賞しました。

築51年の古い部屋をDIY。今では家族と過ごす大好きな空間に

「今では古さも“味”と思えるように。ものも多いし、生活感にあふれたわが家だけど、ここで家族と過ごす時間がなにより幸せです」

●おいしいパンとご飯が家族の笑顔のモト

焼き網でトースト
パンを焼き網で丁寧に焼きます

パンは焼き網でトースト。

土鍋でご飯を炊く女性ご飯は家族みんなが集まる夕食だけ土鍋で炊くのがこだわり。

子ども2人「土鍋にしたとき、娘に『お米変えた? すごくおいしい!』と言われたのがきっかけ。ご飯がおいしいと、それだけで家族も喜んでくれます」

目指すは海外の家みたいな空間。でも、お金も手間もかけてません

●DIYはマステやタイルシールで手軽に!

【BEFORE】

洗面所【AFTER】

タイル壁洗面所温かみのあるインテリアは、海外の部屋がお手本。得意なDIYや手芸を駆使して、お金をかけずに部屋づくりを楽しんでいます。

タイルシール古さが目立つキッチンや洗面所は、手軽に貼れるビニール製のタイルシールでリメイク。

サッシにマスキングテープ「タイルの色に合わせてサッシは黒いマスキングテープでおおいました。はがせば簡単に原状回復できるのもメリット」

●不便で嫌いだった洗濯スペースも気分が上がる場所に変身

「見た目も古いし、収納もなく不便だった」という洗濯スペースは、白い壁紙をはって、つっぱり式の棚「ラブリコ」を設置。
「清潔感のあるナチュラルな空間に生まれ変わって、洗濯も楽しくなりました」

【BEFORE】

洗濯スペース【AFTER】

清潔感のある洗濯スペース

●大好きな空間の中で手づくりを楽しむことが息抜きの時間

壁に衣類時間に余裕があるときは、編みものや刺しゅうなど、趣味の手芸で息抜き。

おにぎり形の鍋つかみ「子どものカーディガンや目玉焼きモチーフの刺しゅうは、壁にかけてインテリアに。おにぎり形の鍋つかみや鍋敷きも手づくりです」

●【大塚沙代さん】

神奈川県在住の38歳。築51年、51m²の賃貸の団地に夫(38歳)、長女(16歳)、長男(12歳)、二女(9歳)、二男(4歳)の6人で暮らす。インスタグラム(@xsayo.x)では趣味のDIYや暮らしのアイデアを発信中。ESSE暮らし of the year準グランプリ

<撮影/林ひろし 取材・文/ESSE編集部>