洗ったあとの包丁置き場問題。100円グッズで解決します
藤原暁
2019.10.31

アイデア商品の宝庫と言える100円ショップのキッチンコーナー。なかには、お店で見かけるだけでは使い道や利便性がわからないアイテムも。

整理収納アドバイザーの藤原暁さんは、100円ショップのキッチンアイテムを多数使いこなし、不便を解消しているそう。オススメのアイテムについて伺いました。

全部100円ショップで手に入る!キッチンの悩みを解決するアイテム

●1.包丁の困ったを解決できるカゴ

水切り
一度使ったら超便利!包丁用の水きりカゴ
包丁用水きりは、その名の通り洗った後の包丁を一時置きできるアイテム。フックがついているので食器用の洗いカゴなどに引っかけて使います。

洗った後の包丁は、ほかの調理器具やお皿などに埋もれてしまうと、取り出すときに危険なことも。こうして置き場所を確保することで安全かつ取り出しやすくなります。

ちなみに、私はこのカゴに包丁を入れたまま食洗機に入れています。包丁の持ち手や、刃と柄の境目の汚れが気になるので食洗機の高温で洗ってすっきりさせるのが日課です。

小物用カゴ小物用水きりは迷子になりがちなペットボトルのフタや、娘の細かいお弁当グッズを仕分けるのに使っています。これもそのまま食洗機へ入れて洗えるものは入れて食洗機で洗っています。
小物用水きりカゴはいろいろ種類があるのですが、包丁用とおそろいにして見た目にも統一感を出せました。

●2.片手で扱える!ワンタッチポット

ワンタッチポット取っ手がついて取り出しとフタの開閉が片手でできるすぐれもの。1.5リットルサイズで砂糖や塩、小麦粉などの自立しない袋物調味料の保存に便利です。

食パン調味料の保存にはもちろん便利なのですが、わが家ではこれに食パンを入れています。

買ってきた状態では自立しますが、枚数が少なくなってくると寝かせないといけない食パン。冷蔵庫に寝かせて入れると場所もとるし、見た目もイマイチ…。このワンタッチポットなら袋ごとケースに入れてフタができるので自立しますし、乾燥防止、さらにケースが保護してくれるので食パンがつぶれないのもうれしい。

冷蔵庫内に食パンの定位置ができました。取っ手つきなのでドアをあけて片手でさっと取り出せて、白いケースで見た目すっきりなのもお気に入りポイントです。

●3.狭いところにも届いてうれしい!スリムなゴムベラ

ゴムへらゴムへら(小)はご覧の通り通常のヘラの半分以下の大きさで細長い見た目。第一印象では「使いにくそうじゃない?」と思ったのですが、使い始めてみると、普通サイズのヘラが逆に使いにくく感じるほど使いやすい! 今ではすっかりこのスリムタイプにハマっています。

お菓子作りスリムタイプなので口の狭いビンや、ミキサーなどの狭いすき間にピッタリ! 力も入れやすくお菓子づくりなど混ぜる作業でも大活躍してくれます。
また、しまうときに省スペースなのもうれしい。

私が実際に使ってよかったアイテムをご紹介しました。売り場に置いてあるものでも見る人によって違う使い方を思いついたり、それが案外便利だったりもします。
本当にいろいろな商品があるので、宝探しをする感覚で100円ショップに行ってみてはいかがでしょうか。

●教えてくれた人
【藤原暁さん】

整理収納アドバイザー1級、整理収納教育士、住宅収納スペシャリストの資格を持つ。ブログ「ATELIER KAKAPO」とインスタグラム(@kakapo_fujihara12)で日々の整理収納活動について発信している。