旅行や出張に便利!びっくりするほど小さくなる!米軍式Tシャツのたたみ方
2016.08.04

 Tシャツの収納方法といえば、たたむか、ハンガーにかけるかが一般的ですね。たたむのが苦手だからロール状に巻くという方もいるでしょう。そのロール状に巻くたたみ方の究極の進化形といえる「米軍式Tシャツのたたみ方」をご紹介します。夏休みの家族旅行や出張のパッキングにも役立つこと間違いナシです!

旅行の荷物を小さくできる!米軍式Tシャツのたたみ方

■たたみ方

1 前身頃が見えるようにTシャツを広げます。さらにアイロンをかけるように手でシワをとります。

12 裾の部分を10cm程度、Tシャツの外側に折り返しておきます。

3 右側1/3ぐらいを折り重ねます。袖が長い場合は、じゃまにならないようさらに折り返す。1工程ごとに、手でアイロンをかけるようにシワを伸ばすとキレイに仕上がります。

44 反対側も同じように折り重ねます。この時点で長方形になるように。

55 襟の方から、ギューッとロール状に巻いてきます。

66 最初に折り返した裾部分まで、より小さくなるように巻きます。巻き具合が仕上がりを左右するので、最後まで気を抜かず!

77 手に持ち、最初に折り返した裾部分を、左右片方ずつ裏返すように覆い被せます。中に巻き込んである裾を、左右から引っぱり出さないようにしっかり押さえて。

88 スティック状に完成しました!

9■ギュッと巻いていても、振るだけですぐ着られる状態に

 写真のように持ち、裾部分だけをつまみます。

10 思いきり下へ振れば、もう着れる状態になっています。前身頃が内側になるように巻いたのがポイントなのです。前後の確認をせずに着られます♪

11■形がくずれないスティック状だから、こんな収納方法も!

 立てたファイルボックスで、仕切って入れます。色ごとに分けて収納したら、着たい服を取りやすいですね♪

 12多少雑に扱っても形がくずれないから、バスケットに放り込むだけで楽チン♪

13「米軍式のTシャツのたたみ方」いかがでしたか。たくさんの荷物を入れられるようにと考えられた方法のようです。コンパクトで、手荒に扱ってもくずれず、スティック状をキープできるというのがうれしいポイントですね♪

 旅行だけでなく、スポーツウェアもベビー服もたたむことができるから、いろいろ応用してみてはいかがでしょうか。

【甲島慶子さん】
整理収納サービスGirasol―ヒラソル―主宰。整理収納コンサルタント。千葉・茨城県内にて整理収納サービスを提供。子どものいる家庭の整理収納を得意とする。夫と小学生の娘2人の4人暮らし http://ameblo.jp/girasol-keke/