1. トップ
  2. インテリア・収納

子ども3人でも涼しいリビングは「隠し方」が上手かった!

ESSE編集部
2019.08.27
  • この記事を
    シェア

●床、ソファ、テーブルには決めたものしか置かない

子どものプリントや本、ゲームなど、よく使うものほど出したままになりがち。使う場所の近くに収納スペースを設けることで、テーブルもソファ回りもきれいな状態を保てます。

テレビ横のカゴにリモコン類を収納した様子テレビ横のカゴは、リモコン類と“定位置がないもの”を収納。
「勉強や工作をするリビングのテーブルは、散らかりがち。折り紙でつくったものなどは、一度カゴに放り込み、週に1回整理します」

リビングの様子ダイニングテーブルやキッチンカウンターに置いていいのは、ティッシュ、花器、小物入れだけ。1日1回はリセットしてこの状態に戻します。

ダイニングテーブルやキッチンカウンターが片づけられた様子「決まった場所が片づいているだけで、部屋も心もすっきり」

棚の上のカゴに学校のプリント類を収納した様子学校のプリント類は棚の上のカゴへ。
「子どもたちは帰宅したら自分で入れるだけ。あとは私が、保管するか不要かを判断します」

棚の中に本や雑誌を収納した様子とっておきたい本や雑誌だけを棚の中に。
「いっぱいになったら、量を見直すタイミング」

水筒をカゴバッグに収納した様子置きっぱなしになりがちな水筒は、カゴバッグが定位置。
「子どもたちは、学校から帰るとここに戻します」

<撮影/小禄慎一郎 取材・文/ESSE編集部>

1 2