朝のバタバタ&忘れ物が減る「おでかけセット」収納のコツ
2019.06.27

忙しい朝。家族全員が玄関先でバタバタしてしまうという家も多いのでは。
「収納を工夫することでお出かけ前の動線がよくなり、忘れ物を防ぐことができます」と教えてくれたのは、整理収納のプロである、ライフオーガナイザーの下村志保美さん。詳しく教えていただきました。

使う順番を意識して、玄関近くにお出かけセットを準備する

仕事もプライベートも出かける前はゆとりをもっていたいもの。笑顔で1日をスタートするための収納についてお伝えします。

●一歩も動かず外出準備の仕上げを

私が身支度をするのは玄関側の寝室。そのドアの近くにイケアのチェストを使って衣類やアクセサリー、ストールなどの小物を収納しています。

寝室ドアの近くに設置したイケアのチェスト
お出かけ前にここだけ見ればOK!というのが忘れ物防止にも

向かって左側のチェストの1段目は外出時に必要なものをまとめています。

チェストの1段目に収納しているもの・サンバイザー&日焼け防止用手袋
・タオルハンカチ
・サングラス
・マスク
・日焼け止めクリーム
・折りたたみ傘(雨用、日傘)
・手袋(冬)
・ファー(冬)
・カイロ(冬)

一か所にまとめることで、あちこち移動しなくても準備ができるというメリットがあるのはもちろんですが、引き出しをあけるだけですべてが目に入るので忘れ物がなくなります。

●使う順番を意識しておく場所を決める

チェストの天板をあけた様子向かって右側のチェストは天板をあけると鏡になっており、アクセサリー収納用になっています。

もちろんアクセサリーを収納しているのですが、私はこちらにリップクリームと口紅も入れています。

アクセサリーの収納の様子私は洗面所でメイクをしますが口紅は着替えが終わって外出直前につけたいのでアクセサリーをつけるタイミングで使います。
だからここがぴったりの場所。

日焼け止めクリームまた首や腕、デコルテの日焼け止めクリームはトップスを着る前に塗りたい。
ですから日焼け止めクリームも洗面所ではなく、着替える場所に置くと都合がいいのです。

●扉裏にはストールを

チェストの横の扉の裏側にハンガーフックを設置そしてチェストの横の扉の裏側には、引っかけるだけのハンガーフックを設置してストール類をかけています。

このフックは冬場は帰宅直後のコートの一時置き場にもなります。

着替えが終わり出かけるときはこの扉を必ずあけますから、とても便利な場所です。

●夫用のお出かけグッズは玄関に

靴箱の中にマスクや折りたたみ傘を収納さて、マスクや折りたたみ傘を私はチェストに収納していますが、夫は玄関にあった方が使いやすい、というので靴箱の中に入れています。

同じ家族であっても好みの動線は違いますので、それぞれの使いやすさを尊重して収納場所を決めるといいですね。

2か所にあると一見ムダに見えますが、どちらかのマスクのストックがきれてもどちらかにはあるというメリットも。

●収納場所は「高さ」も意識して

引き出しであっても棚であっても高すぎたり低すぎたりすると、屈んだり背伸びしたり、のぞき込んだりと体にストレスがかかります。

外出前の慌ただしい時間ですから、立ったまま見渡せる高さにセットしておくと、結果時短になり、心にも体にもストレスがない収納になります。

ストレスなく「行ってきます」が言えると1日が気分よくスタートできます。

●教えてくれた人
【下村志保美さん】

ライフオーガナイザー、ファイナンシャルプランナー、家計アドバイザー。「空間・お金・心」の3つを整えることで、忙しい女性をサポートする「PRECIOUS DAYS」を主宰。著書に『片づけのプロが教える心地いい暮らしの整え方』(三笠書房刊)がある

このライターの記事一覧