1. トップ
  2. インテリア・収納

ニトリの収納アイテムでクローゼットがすっきり!

ESSE編集部
2019.09.26
  • この記事を
    シェア

クローゼットで迷子になりがちなカバンや小物たち。どうしたら使いやすく収納できるの?
そんなお悩みを抱えるESSE読者のクローゼットを、パーソナルスタイリストの霜鳥まき子さんが改造!
使いやすく生まれ変わったクローゼットを早速、拝見!

収納アイテムを使いこなして小物をすっきり収めるコツ

クローゼットの中には、意外とすきまがあるもの。プロは、そんな隙間を見逃しません。
アイテムを駆使しながら、小物を取り出しやすく収納するコツを紹介します。

●カバンの収納はアイテムを活用

<BEFORE>

ぎゅうぎゅうのクローゼット
ぎゅうぎゅうにつまりすぎ…
クローゼットはつるされたバッグでぎっしり!

<AFTER>

バッグたてに収納「これまで床にもぎっしり置かれていたバッグ類。形がしっかりしているものは、アイテムを使ってつるします」

バッグストック・バッグストック(ストレリアアイボリー)94×10cm ¥1028(ニトリ)

<AFTER>

バッグ類丸められるものは、使わない大きなトートバッグにまとめて収納。

●クローゼット脇の壁にウォールポケットをつけ、アクセサリーを収納

<BEFORE>

アクセサリー類きれいに収納していますが、場所が悪くて活用しきれてなかったアクセサリー類…。

<AFTER>

ウォールポケットクローゼットから離れた位置にあったアクセサリー置き場。動線がいまいちで、服選びとうまく連動できていませんでしたが、クローゼット横の壁を活用して、見事に解決!
「ウォールポケットなら、もっているものがひと目でわかります」

・ウォールポケット(ストレリアアイボリー)70×38cm ¥1028(ニトリ)

●ストールは専用ハンガーに

<BEFORE>

棚の上て前に帽子ストール類は、カゴに山積みで何があるかわかりませんでした。

<AFTER>

ストールハンガータンスのカゴに積んでいたストールは、専用ハンガーへ。大好きな「幸せ服」とその他の服の間にかけておきます。
「コーディネートに合う1枚が、ひと目でわかって便利。折りジワの悩みも解消します」

・すべりにくいスカーフハンガー(ラミー) ¥299(ニトリ)

冬物引き出しさらに、厚手のストールやマフラーなど、オフシーズンのものは、引き出しへ。丸めて収納すれば、シワになりません。

●タンスのあいた場所にストッキングやタイツを

<BEFORE>

つめつめクローゼット
専用グッズでつるしていたストッキング類…
ストッキング類は、専用グッズでクローゼットにつるしていました。

<BEFORE>

引き出し2段に衣類
つめつめの引き出し…
引き出しの中は取り出しにくいほど詰まっています。

<AFTER>

引き出しに黒目の衣類服を厳選した結果、パンパンだったタンスが、ガラあきに。あいた場所に、これまで専用グッズでつるしていたストッキングとタイツを収納。

コーディネートのアクセントに選びたい小物も、見やすく取り出しやすく収納できれば、ますます気分が上がります!
あけたときにワクワクするクローゼットづくり、ぜひチャレンジしてみてください。

パーソナルスタイリスト。日本航空国際線のCAを経て、スタイリストに。過去に1万人以上のパーソナルスタイリングを手がける。著書に『本当に似合うが見つかる!人生を変えるクローゼット整理』(マイナビ出版刊)など

●教えてくれた人
【霜鳥まき子さん】

<撮影/合田和弘 取材・文/ESSE編集部>