あふれかえった靴が消えた!つっぱり棒で究極玄関収納
ESSE編集部
2020.01.14
  • この記事を
    シェア

玄関の靴やアウトドアアイテムが溢れごちゃごちゃ。ものを減らすしかないけど、それもなかなか難しい…。そんな人におすすめしたいのが“進化したつっぱり収納”。

つっぱり棒を取り入れるだけで、収納が生まれ、さらにすっきり見せられます。つっぱり棒博士こと竹内香予子さんのつっぱりテクは必見です!

ごちゃごちゃの玄関
4人暮らしのお宅の玄関

ごちゃごちゃの玄関を片づけたつっぱりテクニック大公開!

こちらは夫、子ども2人の4人暮らしの読者のお宅。
玄関は全員分の靴からレジャー用品などで圧迫している状態。家の顔でもある玄関をすっきりさせて、「いつでもお客さまを呼べる部屋に憧れます」とのこと。

【Before】

入りきらない靴入りきらなかった靴が、たたきにもあふれています。そこで、竹内さんのつっぱりテクで、ものを減らさず、収納してもらいました。

【Aefore】

扉をあけた状態のゲタ箱
扉をあけた状態
たたきにあった靴もすっきり収まり、また扉をあけてもすべてのアイテムがすっきり収まりました。

扉を閉めた状態のゲタ箱
扉を閉めた状態
扉をしめても、玄関全体もつっぱり棒効果ですっきりしました。
C~Eのそれぞれの箇所の工夫をご紹介していきます。

●C つっぱり棒で奥にサンダルを引っかけて。パッドでズレ落ち防止も

つっぱり棒でサンダルを引っかけるゲタ箱の左右いっぱいにつっぱり棒を渡し、奥にできたスペースにサンダルを引っかけ。つっぱり棒の両サイドにはっているのは、なんとシール状のウオノメパッド(100円ショップのもの)! ズレ落ちにくくなります。

ゲタ箱下靴置きスペースゲタ箱下にもつっぱり棒を2本渡したら、立派な靴置きスペースに!

●D キャンプ用イスやバットはつっぱり棚で立てて収納

キャンプ用イスやバットをつっぱり棚で立てる棚を垂直に使うことで、狭い場所に、立てる収納が誕生。ものに合わせて、使い方を自由に変えられるのは、つっぱり最大の利点です。

●E のせる、S字フックをかける、虫捕りアミを押さえるなどこまごまと大活躍!

つっぱり棒で虫捕りアミを押さえたりS字フックをかけたりするつっぱり棒はこまごまと活躍。2本渡し、上にカッパを置いたり、S字フックをかけて外用オモチャを収めたり。虫捕りアミのような薄いものを立てるのにも重宝します。

<撮影/難波雄史 文・編集/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【竹内香予子さん】

つっぱり棒の業界トップシェアを誇る収納用品メーカー、平安伸銅工業の三代目社長。自社・他社問わずつっぱり棒やつっぱり器具に詳しく、日々ワザをみがいている。