もうヌルヌルしない!ニトリとセリアで浴室を#空中収納
yumi
2019.04.17
  • この記事を
    シェア

浴室で収納が困るものといえば、シャンプーや掃除用具などの細々としたもの。ボトルの底がヌルヌルしたり、掃除のたびにどけるのが面倒だったりという困りものです。

「ボトルや掃除グッズはつるして収納すると、水ぎれがよく清潔なまま、掃除もラクラクです」と教えてくれたのは、ESSEが注目するブロガーで、100円やプチプラアイテムに詳しいyumiさんです。

セリアとニトリのアイテムで、バスルームをつるす収納にチェンジ!

ボトル底のヌメリが気になっていたので、セリアやニトリのグッズを使い、浴室の収納を見直してみました。

セリアのステンレスボトルハングギングフックこちらはセリアのステンレスボトルハングギングフック。

フックは3サイズフックは3サイズあり、左から直径2.4cm、3.2cm、4.2cmのポンプボトルに対応しています。

ボトル口に本品をセット取りつけ方は簡単で、ボトルのポンプ部分を取り外し、ボトル口に本品をセットしたらそのままポンプ部分を戻すだけ。あとはキャップをしっかりしめて本品を固定します。

幅広く適応するサイズいちばん大きいサイズのボトルフックは、泡が出るポンプなどのボトル口が大きめのボトルに。
真ん中のサイズのボトルは幅広く適応するサイズで、シャンプーやボディソープなどに。
いちばん小さいサイズのボトルは、クレンジングオイルなどのボトル口が小さめのものに。

浴室の備えつけのフックにつるしてみた浴室の備えつけのフックにつるしてみました。今ままで棚の上に直置きしていたので、掃除を怠るとボトルの底がヌルヌルしがちでしたが、フックにつるすことによってヌメリを予防することができました。

●ニトリのタオルバーでつるす場所を増設!

ニトリのタオルバーさらに、つるす場所自体を増設することに。
ニトリのタオルバー36cmは、マグネットなので取りつけ位置を自在にできるのがメリットです(壁面の種類によっては使用できない場合もあるのでご確認ください)。

マグネットなので取りつけ位置を自在にできるこちらには掃除グッズをひっかけ収納しました。

掃除グッズをひっかけ収納
左からお風呂の洗剤ボトル(ダイソー)、バススクイージー(セリア)、立つミニブラシ(セリア)、引っかけられるバススポンジ(キャンドゥ)。

セリアのハンギングステンレス2WAYホルダータオルバーをもう1本使い、セリアのハンギングステンレス2WAYホルダーを引っかけます。

洗面器を空中収納
洗面器を空中収納してみました。

ニトリのタオルバー2本を使って浴室のアイテムをスッキリと収納
ニトリのタオルバー2本を使って浴室のアイテムをスッキリと収納することができました。浴室は湿気がこもりがちな場所なので、この方法なら清潔に保てそうです。

●教えてくれた人
【yumiさん】

大阪在住。夫と長男、長女、次男の5人家族。お気に入りの100円ショップ3店をめぐって毎日のように新製品をチェック。100円雑貨のリメイクやプチDIYをブログ「百円日和」で更新している