荷物を減らすのは簡単!バッグの中身を一気に減らす5つのコツ
2019.03.12
  • この記事を
    シェア

大きなバッグにあれこれ入れて、荷物が増えてしまいがちな人は多いのでは。

「でも、本当にその荷物は使っていますか? 使わない荷物を毎日持って歩くのは、フットワークも重くなり疲れてしまいます」というのは、「ものが少ない暮らし」を提唱するミニマリストの本多めぐさん。荷物を減らすコツを教えていただきました。

化粧ポーチ
コスメポーチやお財布の中身、必要なものだけ厳選しましょう

本当に必要なものだけ持ち歩いて、心身の負担を減らしましょう!

荷物を減らすためには、本当に使っているものだけ持ち歩くクセをつけることです。必要なものだけ持ち歩けば、体が軽く、お出かけの範囲や選択肢が広がりますよ。今回は、バッグの中身を思いっきり減らす方法をご紹介します。

●(1)本当に使うものだけ厳選する

最初に、バッグに入れているものを、本当に使っているか確認しましょう。バッグの中のものを全部出し、使っているものだけをバッグに収めます。そして、残りのものは家に置いておくのです。これで1日過ごしてみて、なくて困ったら再度バッグに戻しましょう。シンプルなやり方ですが、間違いなく減らせます。

たとえば、ソーイングセットやばんそうこうは、本当に使いますか? メイク用品も持ちすぎていませんか? 持ち歩いているだけで、じつは使っていないものが混ざっているはず。それらは全部、家に置いていきましょう。
もし困ったときにも、コンビニがあれば調達できます。いつでもコンビニで手に入る、と思えば安心ですね。

●(2)帰宅後はバッグの中から、ゴミやレシートを出す習慣を

お財布外出中に出たゴミは、帰ったらすぐ捨てるのを習慣にするときれいな状態を保てます。たとえば、街頭でもらったチラシや、お菓子の空袋などは、すぐに出して処分を。レシートも毎回出しましょう。ショップカードもつい増えてしまいますが、カードを使うときだけ持ち歩くようにすると軽量化できますね。

●(3)バッグをミニサイズに変え、強制的に持ち物を厳選する

小さなバッグ最近はお財布ポシェットなどのミニサイズのバッグをよく見かけます。それにならって、思いきって荷物を減らしてみては?
そもそも男性はバッグを持たず、スマホと財布だけをポケットに入れて外出しますよね。ということは、女性も本来そこまで減らせるはずなのです。

一人で近所まで買い物に行くとき、小さなバッグに入る量で出かけてみてはどうでしょうか? お財布、スマホ、鍵、ハンカチとティッシュ。これで試しに買い物に行ってみるのです。一度試してみると、今までなぜたくさんのものを毎日持っていたんだろう、と思うかもしれません。

●(4)スマホをフル活用してものを減らす

最近のスマホは多機能です。メモ帳、スケジュール帳、カメラ、鏡、計算機、音楽プレーヤーの機能もあり、一台のスマホでまかなえます。フル活用して、どんどんものを減らしてみましょう。

また、外出先でメモをしたいときは、手帳とペンを出すより、スマホで音声入力したほうが速いです。

●(5)小さなサイズのものを選ぶ

バッグと中身持ち歩くアイテムを大きいものから小さいものへ変えると、ものの数は変えず、全体量をコンパクトにできます。

たとえば、長財布から二つ折り財布にすると約半分のサイズになりますし、カード類を減らして薄い財布に変えるのも効果的です。スマホも小さめサイズを選べば、それだけで毎日の荷物が小さくなります。毎日持ち歩くものこそ、軽量化すると効果大ですよ。

そのほかにも水筒、お弁当箱、折りたたみ傘など、コンパクトなサイズが売られていますので、小さなサイズを検討してみましょう。

5つのコツをを紹介しましたが、大事なのは「自分が外出先で使うものの見極め」です。ほかの人には不要でも、自分は使うものってありますよね。たとえば常備薬や風邪対策のマスクなどです。また、スマホの充電器やケーブルなど、いざというときにないと困るものは持ち歩いたほうが安心ですね。

どこでも心地よく過ごせるように、必要な物を厳選し、身軽にお出かけしましょう。

●教えてくれた人
【本多めぐさん】

北海道在住のミニマリスト主婦。合理的でお金のかからない暮らしを提案するブログ「ミニマリストは世界を変える!」を更新中