散らかりがちな紙類やリモコンはマグネット収納で解決!
  • この記事を
    シェア

2019.03.07

ごちゃつきがちなスペースは、ものをポイッと置いたままにしないことが、きれいを保ついちばんの秘訣です。
整理収納アドバイザーなど数多くの資格を持っている川根礼子さんは、置きっぱなし&出しっぱなしにしてしまいそうなものを収納するため、DIYである工夫をしています。今回はそのテクニックを大公開!

DIYで扉裏がプリント類の展示スペースに!
DIYで扉裏がプリント類の展示スペースに!

キッチンパントリーの扉裏にマグネット塗料をペイント! プリント類をはりつけて一覧できます

子どもの学校関係のお知らせや予定表など、一定期間の保管と確認が必要な書類は多いもの。すぐ確認できる場所に置いておきたいけれど、出しっぱなしはゴチャゴチャしてしまって困りがちです。

そこで、川根さんは、1日に何度も行き来するキッチンパントリーに保管することに。

キッチンパントリーの扉裏にマグネット塗料をペイント!【Before】
「以前は扉裏にマグネットつきホワイトボードをつけて、そこに書類をはっていました。でもやっぱり見た目がすっきりしない。ベニヤ板がむき出しなのも気になる…。もう少しバージョンアップさせようと、マグネットペイントを施すことにしました」

ターナーマグネットペイント使用したのは、ターナーマグネットペイント。塗るとマグネットになり、磁石がくっつくようになる性質があります。

棚の中身をビニールシートとマスキングテープで養生「扉を外すのは大変なので、棚の中身をビニールシートとマスキングテープで養生して塗りました。一度塗り、乾くのを待って合計3度ペイントしていきます。重ねて塗れば塗るほど磁力が強くなるということなので、たくさんはりつけそうな真ん中付近は4度塗りに。水性塗料なので比較的早く乾き、匂いも気になりません」

ターナーのミルクペイント一晩乾かしたら、翌日に上塗り。

真っ白に塗りました同じターナーのミルクペイントを使って真っ白に塗りました。

下地が隠れる程度にサッと塗るだけ「上塗りを厚くすると磁力が落ちてしまうそうなので、下地が隠れる程度にサッと塗るだけです」

どこにでも書類をはりつけられるのでとても便利【After】
これで見た目すっきり、どこにでも書類をはりつけられるのでとても便利になりました。

全面マグネットだからスペースもたっぷり「全面マグネットだからスペースもたっぷり。自由にレイアウトできるのも利点です」

●リモコンの裏にマグネットをつけて冷蔵庫に収納

リモコンの裏にマグネットをつけて冷蔵庫に収納さらに、ダイニングスペースの照明のリモコンもマグネット収納。キッチンで操作できるよう、冷蔵庫横に収納しています。

ダイニングスペースの照明のリモコンもマグネット収納「ケースは使わず、リモコンに強力マグネットを直接つけてペタッとはりつけ。自由に位置を変えられて便利です」

冷蔵庫やウォーターサーバーの横側はリビングから死角になるので、いろいろはりつけていますこれ以外にも、キッチンではマグネット収納を多用している川根さん。
「冷蔵庫やウォーターサーバーの横側はリビングから死角になるので、いろいろはりつけています。ウォーターサーバーには、100円ショップのケースとマグネットシールを組み合わせて子どもの常備薬やウェットティッシュケースをつけました。よく使うものが取り出しやすく、浮かせることで掃除もしやすいですよ」

便利なマグネットを活用したすっきり収納術、ぜひ参考にしてみてくださいね。

<取材・文/佐藤望美>

●教えてくれた人
【川根礼子さん】

整理収納アドバイザー1級、ビジュー式片付けカードワークインストラクター、整理収納コーチング2級、ルームスタイリスト2級など数々の資格を持つ整理収納のプロ。沖縄宮古島にてお片づけサポートやサロンレッスン、カフェでの片付けアドバイスなどきめ細やかなサービスが人気。ブログ「おうちのお片付け日和~南の島から~」を日々更新中。