100均、ニトリ、無印のキッチン収納グッズはこう使い分け
Ayaka
2019.02.26
  • この記事を
    シェア

毎日使うキッチン。使い勝手はもちろんのこと、毎日使う場所だからこそ気分が上がる場所にしたいものです。

「私は手軽に買える100円ショップやニトリ、無印良品で収納アイテムをそろえ、使いやすくて楽しいキッチンにしています」というのは、家事や掃除をラクにする工夫を発信し、著書もあるAyakaさん。詳しく教えていただきました。

「キッチンに立ちたい」と思える収納に
「キッチンに立ちたい」と思える収納に

細かなキッチンアイテムを「立てる・重ねる・グルーピング」で分かりやすく収納

キッチンではものの置き場所を決めると家事がラクに時短になりますが、カテゴリー別にまとめると、より使いやすくなります。

●保存容器やお弁当グッズ、ふりかけ…とにかく使える100円ショップの収納ボックス

そこで活躍するのは、100円ショップダイソーで売られている積み重ねボックス。人気商品のため売りきれている店舗もあるそう。
わが家では保存容器やお弁当箱の収納など、ありとあらゆるところで使用しています。

保存容器の大きさ別に収納保存容器の大きさ別に収納ができるように、ダイソーの「積み重ねボックス大」を使用。
軽いプラスチックの保存容器のフタは倒れがちですが、積み重ねボックスに収めることで立てて収納でき、取り出しやすくなっています。

自立できない保存容器自立できない保存容器も積み重ねボックスに立てて収納。

お弁当グッズ細々としたお弁当グッズを収納するのにも便利です。

高さがある引き出しを有効活用重ねることができるので、高さがある引き出しを有効活用できます。

お弁当のピックちなみにお弁当のピックは、メラミンスポンジに刺して立てて収納しています。

ふりかけもこのボックスに子どものふりかけもこのボックスに。上は使用中のふりかけ、下はストックを入れて重ねています。
子どもでも在庫確認ができるので、「仮面ライダーのふりかけがないよ!」なんて教えてくれるようになりました。

100均の割り箸などを入れるボックスに収納麺類の収納は、100均の割り箸などを入れるボックスに収納し、ダイソーの積み重ねボックスに立てて収納。わかりやすいようにラベリングをしています。

●カトラリーやキッチン掃除グッズの収納はニトリにおまかせ!

ニトリのグッズもとても使いやすいものばかり。
まずは「ブラン」シリーズ。これがカトラリー収納にはもってこいなんです!

ニトリのブランシリーズわが家はそのまま並べていますが、サイズSMLを組み合わせて重ねて収納することも可能です。
下段はあまり使用していない来客用のカトラリー、上段は普段使いのものと分けて重ねると、わかりやすく省スペースになりそうですね。

コード類もスッキリプランシリーズはいろいろな形や大きさがそろっており、用途によって使い分けられるのが特徴です。
取っ手つきのボックスにはお鍋用のグッズをまとめて入れ、そのまま食卓に出したりしています。コード類もスッキリ!

ニトリのダストボックス プリートニトリの「ダストボックス プリート」は、じつはキッチン用ではなくトイレ用。
細々としたメラミンスポンジや袋留めクリップ、食洗機用の洗剤を入れたりしています。

食洗機用の洗剤は袋ごとダストボックスに食洗機用の洗剤は袋ごとダストボックスに入れてしまっています。

●無印良品もスタンドやブックエンドもキッチンで大活躍!

ジッパーつき保存袋は断然、この収納方法が使いやすいです!

無印良品の重なるアクリル仕切付スタンドハーフ無印良品の「重なるアクリル仕切付スタンドハーフ・大」を2つ並べ、保存袋を立てて収納。
上から見ても横からみても袋の大きさがすぐわかるし、間違えて取り出してしまった袋を戻すのも簡単です。

立てて収納することで使いやすくなりますまた、意外なことに「スタッキングシェルフ・ブックエンド」も使えるんです。
トレーはランチョンマットの収納に。こちらも立てて収納することで使いやすくなりますよ!

無印良品のスタッキングシェルフ・ブックエンド立てて収納することで、取り出しやすくしまいやすいんです。

無印良品のスタッキングシェルフ・ブックエンド今日はどれ使おうって選ぶのも楽しくなります! ブックエンドのおかげで倒れることもありません。

キッチンの収納ここでご紹介したような100円ショップ、ニトリ、無印良品のアイテムでキッチンの収納を綺麗に使いやすくしてみませんか? キッチンにいる時間が今以上に楽しくなりますよ!

メーカーによって収納の幅や高さ、奥行はさまざまですので、しっかりと計測してから購入するようにしてくださいね。

●教えてくれた人
【Ayakaさん】

お掃除スペシャリスト1級、ルームスタイリスト1級。4歳と2歳の子どもをもつ母。2016年にマイホームを建てたのを機に、掃除、収納、日々の暮らしをSNSに投稿するように。書籍『時間もお金もかけない!ほったら家事』を出版

時間もお金もかけない!ほったら家事

家事に掛ける時間を減らしながらも、家族が帰りたくなる居心地の良いおうち作りを実現するアイデア満載。