ニトリの技アリグッズ!オイルポットの意外な使い道とは?
  • この記事を
    シェア

2019.01.08

生活雑貨が幅広くそろうニトリ。知る人ぞ知る便利アイテムもたくさんあります。

今回はライフオーガナイザーの高田舞子さんに、ニトリのオススメのキッチンアイテムについて教えてもらいました。

アイテムの豊富なサイズ展開はニトリの特徴

●深い引き出しを有効に使える超優秀バスケット!

わが家のキッチンの深い引き出しで機能しているニトリの愛用品があります。
それがこちらの白いワイヤーバスケット。

バスケット
ニトリのワイヤーバスケットで引き出しをもっと活用!
引き出し収納は上部から俯瞰できるのが便利ですが、深い引き出しは空間をうまく使いこなすのが難しいもの。

写真の通りスタッキングできるだけでも収納量がアップしてうれしいのですが、重ねた下のバスケットの中身も「見える」ことがポイント。スタッキングができたとしても、そこになにを収めているかわからなくなってしまうととても不便。
見えない=ないものとなってしまう人も多いはず。ワイヤーなので、その点は問題ありません。

そしてさらにうれしいのは豊富なサイズ展開。ハーフサイズやミニサイズもあるんです!

ハーフやミニサイズも下段のものを取り出す際、上部のバスケットを取り外す必要はなく、ただスライドすればいいだけ。

ただスライドすればいいハーフサイズも横向きと縦向きのハーフがあり、組み合わせ次第でいろいろな使い方があります。

・ニトリ ワイヤーバスケット Lサイズ:999円(幅37×奥行27×高さ23cm) Mサイズ:599円(幅28×奥行17.8×高さ14.3cm)

●サイズ豊富な保存容器、フレッシュロック

こちらはわが家のキッチンのあちこちに点在しているフレッシュロック。サイズ展開も豊富で、容積もミニサイズからビッグサイズまでさまざま。

フレッシュロック作業台下の深引き出しには、大きいサイズのものに、だしパックと砂糖のストックを入れてしまっています。
引き出し収納なので、上部のフタ部分にもラベリング。

ラベリング冷蔵庫内にも点在しています。ワカメやゴマ、片栗粉、パン粉など。

冷蔵庫内このフレッシュロックの気に入っているところは透明であること。
ボディ、本体が透明な点はもちろんのこと、フタ部分も透明なのがポイント。正面から見ても背面から見ても上部から見ても中身がひと目でわかります。ラベリングをする手間が省けますし、家族全員に中身がすぐわかるのはうれしい。

中身がすぐわかるうれしいポイントはほかにも。フタと本体が繋がっているのは地味に使いやすいです。
フタを完全にあけるタイプだと必ず両手で開封しないといけませんし、フタが迷子になることもあります。片手でもあけ閉めできてフタが行方不明にならないので、調理の効率をアップに一役買ってくれています。

蓋と本体が繋がっているそして豊富なサイズ展開も見逃せません! つめ替える量や収納場所によって容器のサイズを選べます。サイズはさまざまでも同じシリーズの容器がそろうとすっきりとしたキッチンに一歩近づきますよ。

・ニトリ フレッシュロック角型 300ml:410円 550ml:461円 1100ml:615円

●オイルポットの中身は油じゃない?

もうひとつ、私が導入して大満足なのが、このオイルポット。中身はなにかわかりますか?

オイルポット茶色だから、ごま油? しょうゆ? と思いきや、中身はまさかのメープルシロップ。
ヨーグルトにかけたり、パンケーキにかけたり、ときどき出番のあるメープルシロップ。

パッケージのままだと収納したい引き出しには背が高く、引っかかってしまっていたんです。見た目も派手なので困っていました。見た目、収めにくい、そのストレスを解消すべく考えてたどり着いたのが、このオイルポットなのです。

メープルシロップ容器注ぎ口には傾斜がついているので液だれすることはありません。
オイルと似たような液体なので用途も合致しているのか、必要な量だけ少しずつ出せて快適。メープルシロップ容器として、サイズ、機能ともに私にとって100点満点です。

・ニトリ オイルポット 100ml:205円

ニトリにはまだまだ掘り出し物のアイテムがいっぱいあります。ぜひお店で探してみてくださいね。

●教えてくれた人
【高田舞子さん】

ライフオーガナイザー1級。自身の子育ての経験を生かして活動中。ブログ「Cotton Style」では暮らしに役立つ情報を配信している