今年こそ散らかる原因を絶つ!部屋を整える3つのコツ
2019.01.17
  • この記事を
    シェア

片づけているはずなのに、すぐに散らかってしまう…。そんなお悩みの原因は、家から出ていくものより、入ってくるものが多いことに原因があるかもしれません。

「入ってくるものが多いと、人ではなく、もの主体の家になってしまいます。ものを整理しなければ散らかる一方。これを防ぐためのには、3つのコツを抑えておく必要があります」、と語るのは整理収納アドバイザーの小林尚子さん。

3つのコツについて、ご自宅を例に教えてもらいました。

ちょっとした習慣と工夫が家をきれいに保つ!これだけはおさえておきたい3つのコツ

整理収納
家をきれいに保つための3つのコツとは?
●コツ1 必要ないものは部屋に持ち込まない

ものが一度家に入ると、人間の心理として手放しにくくなります。だからこそ、持ち込まない工夫が必要。

たとえば…
・使うあてのない景品→景品は消耗品に換えてもらうか、もらわない
・いただきもの→気持ちだけいただき、リサイクルショップなどへ
・広告、ダイレクトメール→玄関などにゴミ箱を用意し、部屋に入れず破棄

整理収納写真は、玄関においたダイレクトメール入れ。不要なものはリビングまで持ち込まずに玄関でしっかり処分します。

●コツ2 ものの定位置を決め、収納場所が思い浮かばないものは買わない

ものに定位置が決まっていると、ものを買うとき、そのもののの定位置をすぐに思い浮かべることができます。収納する場所をつくってから買うことが鉄則です。

●コツ3 テーブルの上にものを置かない

整理収納テーブルは物置き場ではなく、食事をとったり、作業をする場所。テーブルに何気なくものを置いてしまうのをやめ、定位置に置くことを心がけましょう。意識することが大切です。なにもものがないテーブルは、部屋自体もきれいに見せる効果があります。

整理収納仮置きできる場所をつくり、その日のうちにリセットするのも手です。帰宅してバタバタといろいろな場所にものを置くと、片づけるときも大変なことに。一時置きの場所にまとめておき、その日のうちに定位置へ戻すクセをつけるようにします。

整理収納この時季はコートの仮置き場に困ることも。

整理収納わが家ではクローゼットにネジを簡単に取りつけ、コートをとりあえずかけておきます。シワにならず、見た目もすっきり。

ちょっとした習慣と工夫で家は片づきます。試してみてください。

●教えてくれた人
【小林尚子さん】

整理収納アドバイザー。テレビや雑誌などで幅広く活躍。収納テクニックや暮らしを楽しむヒントを、ブログ「ナチュラルな私の暮らし」で更新中。著書に『とことん使える!無印良品 人気収納アイテムで「ためない」暮らし』(講談社刊)がある

とことん使える!無印良品 人気収納アイテムで「ためない」暮らし

これからのモノの持ち方、選び方、しまい方の新法則とは?まずは引き出しひとつから挑戦!最強ムジラーの最高の使い方をご紹介