開運したいならやってはいけないインテリア&収納ワザ
  • この記事を
    シェア

2019.01.07

開運術に詳しいゲッターズ飯田さんによると、なにげなくやっている収納やインテリアが、運気を下げる原因になっていることもあるそう。

「今すぐやめることで、お金が貯まりやすく、家族が仲よく健康に暮らせる、ハッピーな家にしましょう!」

2019年、ぜひとも参考にしてみて!

運に効くインテリア

やめるだけで運気が上がる収納&インテリア

●冷蔵庫にものをはらない、置かない

運に効くインテリア冷蔵庫は熱を発することで中を冷やすので、風水では気が乱れやすいアイテムといわれます。扉にメモをはったり、上にものを置いたりするのはやめましょう。
食べ物を扱う所なのに、ごちゃついているのは不衛生! いつでもさっと掃除できる状態を保って。

●玄関に傘や靴を出しっぱなしにしない

運に効くインテリア風水では玄関は仕事運を表す場所。靴や傘などが出しっぱなしだと、気持ちに迷いが生じて運気が下がります。
表に出すのはその日に履く靴だけに。家族の数以上の靴はしまい、傘も使用後は干してしまいましょう。アロマオイルなどで、いい香りを漂わせるとさらにグッド。

●見せる収納をやめる

きれいに管理できていればよいのですが、“見せる収納”はホコリがたまりやすく、運気を下げる可能性も。また、オープン収納は、さまざまなものが目に入って、気が散る原因になります。
家の中でリラックスするためにも、収納は扉つきのものがおすすめです。

●ブタなどの丸いぬいぐるみは捨てる

運に効くインテリア人はいつも見ているものに似てくる傾向があります。ブタなど丸いフォルムのぬいぐるみを部屋に置いていると太りやすくなるので、思いきって処分しましょう。
反対に、憧れのモデルさんや女優さんなどの写真やポスターを飾れば、意識が高まって美容運がアップ!

●床にものを直置きしない

ホコリがたまりやすい床にものを置くのは、ものを大切に扱っていない証拠。とくに調理器具や食材など、体をつくるためのものを直置きするのは、自分を大切にしないのと同じです。
しまう場所がなければ、カゴや箱に入れるなど、床に直接触れさせない工夫を。

●北側が暗く汚れている状態にしない

運に効くインテリア家の北側は太陽の光が当たらないため、暗く、湿気もたまりがち。ここが汚れていると、運気が下がります。太陽の代わりになる暖色系のカーテンや照明などで、明るくする工夫を。
また、清潔に保つことで、さまざまな場面での気配りにつながり、人間関係も良好に。

●生ゴミはフタのないゴミ箱に入れない

汚れに関わるゴミ箱が家の中の目立つ場所にたくさんあると、体調不良の原因に。できれば数を絞り、キッチンのすみなど目立たない場所に置くようにしましょう。
とくに生ゴミのにおいが部屋の中に漂うと、運気が下がります。必ずフタのあるゴミ箱に。

●カーテンレールを物干し代わりにしない

運に効くインテリア窓は、太陽の光や新鮮な空気を取り入れる場所。カーテンレールに洗濯物をかけると風通しが悪くなるうえ、湿った空気が部屋に入り、気の巡りが悪くなります。洗濯物は外に干すか、室内干し用のラックなどを使い、乾いたらクローゼットにしまいましょう。

●教えてくれた人
【ゲッターズ飯田さん】

お笑いコンビ「ゲッターズ」として活動後、放送作家、タレント、占い師として活動。芸能界最強占い師と名高い。新刊は『ゲッターズ飯田の五星三心占い2019年版 金/銀の羅針盤』(セブン&アイ出版刊)

<イラスト/本田佳世 取材・文/ESSE編集部>

ゲッターズ飯田の五星三心占い2019年版 金/銀の羅針盤

2019年最強の開運レッスン!恋愛・健康・仕事・金運アップのアドバイスが満載。全120タイプの人を占える開運ポイント一覧付き