ソファもベッドも!処分しても困らなかった11アイテム
2018.11.28
  • この記事を
    シェア

家の中をすっきりとさせて新年を迎えるために、持っているものを見直してみませんか? 必要だと思って買ったけど、意外と不要なものがあるかもしれません。

「昔は家の2部屋を物置にしてしまったほど、片づけが下手だった」という整理収納アドバイザーのまいさんが、自身の経験をもとに、「思いきって捨ててよかったもの」を教えてくれました。

ソファもベッドもコタツも、捨てたら意外と困らなかった!

じつは5年前までは、わが家はよく考えずに買ってしまったものであふれていました。子どもができてからは、ますますものに占領されるように…。

しかし一念発起して大片づけ! 業者に頼んでトラック1台処分しました。
不要品を処分してみるみる部屋がすっきりしていくなか、「じつは、よく考えたらいらないかも」と思って捨てたものがけっこうあります。

ここでは、とくに「処分してよかった!」と思うものをリストアップしてみました。

●ソファ

ソファ
ソファを捨てたら、リビングが広くなった!
存在感のあるソファを捨てたら、リビングが広くなり、子どもたちも遊びやすくなりました。
カバーを洗ったり、脚や座面のホコリを取ったりする手間がなくて掃除がラクです。「上着やバッグを置きっぱなし」ということもなくなり、すっきり。

●ベッド

結婚と同時に当たり前のように購入したセミダブルのベッドですが、子どもが産まれて家族で川の字に寝るようになったため処分。
マットレスを捨てる前に持ち上げて裏を見たら、カビが生えていました…。

ベッド今は布団で寝ています。下に敷いているのは「い草ラグ」。除湿と防カビ効果がありおすすめです。
普段は布団干しにかけていて、天気のいい日は外に干しています。

ベッドがなくなると、寝室が広くなり、ゆったり寝られます。スペースができたので、子どもが遊ぶなど、いろんな用途に部屋が使えるようになりました。

●来客用布団

一式用意していましたが、急に来客が泊まることがなかったので処分。次男の出産で義理の母が泊まった際は、布団を持ってきてもらいました。
今度来客が泊まる予定があったらレンタルにしようと思っています。場所を取るしカビないように管理するも大変なので処分してよかったです。

●コタツ

夫がコタツが好きなので、リビングに置いていましたが、掃除がしづらく場所を取るうえ、ファブリックの管理も必要です。
なくしたらすっきり! ホットカーペットにラグと毛布があれば、十分暖かいです。

●トースター

すぐに汚れたり焦げたりして、手入れが面倒でした。

トースターわが家での用途は、トーストとグラタン、焼き芋。これらは魚焼きグリルでまかなえることがわかりました。高温で使うため、パンを焼いても魚くさくなったりしません。
処分したらキッチンにスペースができて、掃除をする手間もなくなりました。

●ホットプレート

ホットプレート焼肉のあとはにおいが気になるし、ふいたり大きな鉄板を洗ったりと、片づけが大変。大きくて収納場所もとられます。

そこで、カセットコンロで使うタイプのプレートに買い替えました。下に水を張るからなのか、煙が少なく、においが抑えられます。
ホットプレートより手軽なので家で焼肉をする回数が増えました。片づけもラクです。

●排水口のフタ

排水口のフタフタがないとゴミが見えるので頻繁に取り除くようになり衛生的です。排水口掃除の時洗うパーツも減り一石二鳥です。

●冷蔵庫の棚

排水口のフタ冷蔵庫の付属品は全部使うものと決めつけていましたが、冷蔵庫は棚を一段取ってみたら保存容器を積んだり、ペットボトルを立てて入れたりもできて収納力がアップしました。

食品やポットの出し入れもスムーズ食品やポットの出し入れもスムーズになります。

●洗面台の棚

洗面台の棚冷蔵庫と同じく、洗面所の棚も整理。一段外したら、高さのあるものも収納できるようになりました。

●浴室物干し

浴室物干し浴室乾燥を使わないので外しました。入浴中も視界に入らずすっきり。引っかけている部品やバーの掃除も必要なくなりました。

●ドレッサー

これも疑問なく購入しましたが、場所を取る割に引き出しにはあまり収納できませんでした。
仕事を辞めたらメイク道具が減ったうえ、子どもが産まれてからはリビングで化粧するようになったので、ドレッサーは不要に。

ドレッサー今はダイソーのボックスに立てて収納し、薬類の引き出しに入れています。鏡は無印良品の折りたたみ式のもの。

ソファやベッドなど大物を処分すると部屋がすっきりします。
買うことはいつでもできるので、まずはない状態で生活してみて、よく考えてから購入するといいですね。

処分する時には粗大ごみなどお金がかかることもあるので、そこまで考えると購入に慎重になるのではないでしょうか。
もちろん、不要なものは家族構成や環境によって異なりますので、共有物は処分する前に、ご家族とよく相談してくださいね。

※排水口のフタ、浴室物干し、洗面所の棚、排水口のフタは原状回復するために保管しています

●教えてくれた人
【まいさん】

東京都内に住む整理収納アドバイザー。小さな築15年の一戸建てに夫、小学生の息子2人、ワンコと暮らす。もともと片づけが苦手だったが、二男入園を機に片づけに目覚め、資格を取得。自身の経験をもとに、ブログ『まいCleanLife』やコラムを執筆中

このライターの記事一覧