100円グッズでクリスマス!二度見するアイデア
  • この記事を
    シェア

2018.11.12

今年もクリスマスの季節が近づいてきました。

ここでは、お金をかけずにすてき暮らしをしているインスタグラマーやブロガーを取材。定番の100円グッズをアレンジする、とっておきのアイデアを教えてもらいました。

クリスマスの飾りつけを100円グッズで!まさかの定番アイテムでできた

キラキラしたオーナメントや、サンタやトナカイ柄のアイテムなど、100円ショップに行けばクリスマスグッズが数多く並びます。
でも、人とは違うオリジナリティある飾りつけをするなら、年じゅう販売している定番品をアレンジするのがおすすめ。

●フェイクグリーンをリースに

飾り
100円グッズでも、こんなにすてきな飾りつけができちゃいます
クリスマスに欠かせないリースを、フェイクグリーンでつくるテクニック。細いワイヤの入ったフェイクグリーンは円にするのも簡単で、リースに応用できます。
「サイズ違いで並べたり、ポストカードやリボンと組み合わせたりするとすてきです」(フォトスタイリスト・貝賀あゆみさん)

●ほっこり感がたまらないフェルトはクリスマスに大活躍!

フェルト素材は、冬のインテリアに温かみを添えてくれる神アイテム。

白とグレーのフェルト白とグレーのフェルトを使えばクリスマス飾りが完成します。

つくり方は、円すい型にした厚紙に、三角や輪っかに整えたフェルトをはるだけ。フェルトが雪模様すてきなミニツリーに。
「フェルトは切り方次第で、印象の変わるツリーができます」(インスタグラマー・白石明美さん)

ツリー型のオーナメントこちらは、白とグリーンのフェルトをサイズ違いの四角に小さくカット。角度をずらしながら重ねてひもを通せば、ツリー型のオーナメントに。
「ひもを二重にして通すと、バランスよくつるせますよ」(インテリアブロガー・asasaさん)

●プチDIYに強い味方! 色画用紙

文字や絵を添えたり、ハサミひとつで形を自在に変えられる画用紙は、少しの工夫で大変身。

色画用紙まずは文字を加えるだけのお手軽アイデア。黒画用紙に白いペンで文字やイラストを添え、使い捨てのランチョンマットとして活用。
「英文字を書くときは、大文字だけで構成するとバランスが取りやすくなりますよ」(インテリアブロガー・政尾恵三子さん)

バーンスター流行の星モチーフの飾り・バーンスターも、画用紙なら簡単につくれます。

星の形に切った画用紙を用意し、星の中心から尖った先端にのびる線は山折り、その間を谷折りすれば、立体的なバーンスターが完成!
「色違いでいくつか飾れば、リビングの壁がおしゃれに変身します」(Shu_fu of the yearグランプリ2016・岩城はるみさん)

ESSE12月・1月合併号では、ほかにも100円ショップのLEDや紙コップなどを使ってクリスマスの飾りをつくるアイデアや、新作クリスマスグッズも紹介しています。ぜひチェックしてみてくださいね!

<取材・文/ESSE編集部>

ESSE(エッセ)2018年12月・2019年01月合併号

今月の表紙&ESSE's INTERVIEW/篠原涼子

全国書店・コンビニ・オンライン書店等で発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!