無印良品のファイルボックスが使える!片づけのプロもハマる理由
2018.10.24
  • この記事を
    シェア

巷にはたくさんの収納グッズがあふれており、安価で簡単に購入できます。でも、購入しやすいからこそ冷静な目で選ばないと、「せっかく買ったのに使えない」となって、ムダづかいにつながることに。

「私が実際使っていて、片づけ相談に来られるお客様にもおすすめしているのはファイルボックス。とくに無印良品のものです」と語るのは、ライフオーガナイザーの下村志保美さん。
使い方のアイデアとメリットについて詳しく語っていただきました。

ファイルボックス
ごちゃごちゃした掃除グッズもすっきり収納できます

お片づけのプロが太鼓判!やっぱり無印良品のファイルボックスがおすすめの理由とは

私がおすすめしたいのは、無印良品の定番品「ポリプロピレンファイルボックス」。中身が見えないホワイトグレーと、うっすら中身が見える半透明のものがあります。

中身が見えないタイプ中身が見えないタイプは見た目がすっきりしますが、ラべリングなどをしないと中になにが入っているのかわからなくなることも。

半透明タイプ見た目を統一したいならホワイトグレーを、「パッと見えた方がわかりやすいな」と思うのであれば半透明タイプをおすすめします。

●デスクまわりだけじゃない!家じゅうの収納に使える応用力

<書類やテキストをすっきりと収納>

書類やセミナーのテキストまずは基本の使い方。私は書類やセミナーのテキストなどをカテゴリーに分けて整理しています。
色や形がゴチャゴチャしているとなんだか落ち着かないし、ラべリングが苦にならないので、中身が見えないホワイトグレータイプを愛用。

側面に指が入る穴側面に指が入る穴があいているため、高い場所に置いても取り出しやすいのが特長。

<ごちゃごちゃした日用雑貨の収納に>

日用雑貨の収納色や形がさまざまな掃除用具や工具も、ファイルボックスにまとめることですっきり。

棚の低い位置に置けば、引き出すことでひと目で中身がわかります。

<キッチンでは仕切りとして。細長いものも倒れない>

仕切りキッチンは水筒などのボトル類、調味料など縦長のものが多いですよね。
ファイルボックスはちょうどよいサイズ感の仕切りになってくれます。

片づけ力が身についてくると、家の中のもの自体が減り、収納用品が余ってくるということが多々あります。

用途を絞った収納グッズは別の場所に使うことができませんが、ファイルボックスのようにあちこちで使える万能タイプの収納用品であれば、たとえ書類整理で不要になったとしても、キッチンや洗面所などで使い回すことができます。

●丸ごと水洗い!お手入れが簡単でどんな場所でも使える

丸ごと水洗いどうしてもホコリなどが入りこむこともありますが、汚れたらじゃぶじゃぶ洗えるところも魅力!

調味料をこぼすことのあるキッチンや、コスメで汚す可能性のある洗面所などでも安心して使うことができます。

●定番品ならでは。簡単に買いたせるので、統一感を演出できる

定番品最近は幅が広いワイドタイプや、高さが半分のタイプも発売されています。
同じシリーズの収納用品でそろえられるので、見た目がすっきりするうえ、スペースのムダも出ません。

高さが半分タイプ私は高さが半分タイプのファイルボックスにCDやDVDを入れています。サイズがぴったり!

オプションでキャスターもつけられます。食品のストックなどの重たいものでも安心ですね。

ただし、ヘビーに使っていると、ときに割れてくることも。
定番品なので、店頭や通販でも簡単に買いたし可能。消耗品という目線で見ても、満足できます。

・家じゅうで使える
・お手入れが簡単
・買いたしが簡単

これらが私がファイルボックスをおすすめする理由です。収納グッズに迷ったら、ぜひ検討してみてください。

●教えてくれた人
【下村志保美さん】

ライフオーガナイザー、ファイナンシャルプランナー、家計アドバイザー。「空間・お金・心」の3つを整えることで、忙しい女性をサポートする「PRECIOUS DAYS」を主宰。面倒を避けいかにラクしてきちんとするかを考えることが得意