100円ショップの「プルアウトボックス」で、家事のストレスが減った!
萩美規子
2018.10.01
  • この記事を
    シェア

100円ショップで入手できる「プルアウトボックス」が優秀な収納アイテムだと話題に。
十字の形の穴があいたボックスで、あけ閉めが不要。「ついフタがあけっ放しになっている」「フタがどこかいった」なんてことがなくなる便利アイテムです。

「わが家では、小物やビニール袋などをしまうのに重宝。ボックスに移し替えるちょっとしたひと手間だけで、家事をラクにしてくれます」と語るのは、ライフオーガナイザーの萩美規子さん。
家事効率が上がる使い方を伺いました。

プルアウトボックス
十字の形の取り出し口が便利なプルアウトボックス

メラミンスポンジにゼリー、ビニール袋…プルアウトボックスですっきり収納

ダイソーやキャンドゥ、セリアなど、さまざまな100円ショップで購入できるプルアウトボックス。
トールサイズ、ロングサイズ、ミニサイズの3サイズ展開です。便利な使い方をご紹介しましょう。

●取り出しやすく入れやすいのは、十字の形の穴のおかげ!

十字の形の穴フタに十字の穴があいている、フタをいちいちあけ閉めすることなく取り出すことができるのが最大のメリット。
掃除などに使うメラミンスポンジはかさばって扱いにくいのが難点ですが、このケースを使うことでストレスなく取り出せます。

フタ自体も取り外せるフタ自体も取り外せるので、収納するアイテムを一度に入れやすいのもうれしい。

●ビニール袋や輪ゴム、お弁当用のピック…中に入れるものに合わせてサイズを選ぶ

サイズが3つあるので、中に入れるものに合わせて選べます。

3サイズトールサイズは水きり袋やダスターなどを入れれば、キッチンで大活躍。

ミニサイズミニサイズは輪ゴムやクリップなどの文房具用品にちょうどよいサイズ。お弁当用の小さなしょうゆ入れやピックにも便利です。
こちらのミニサイズのみ、ケースを連結することができます。

●仕切りをつくり、「沈んでしまう」プチストレスを解消!

ロングタイプロングタイプにはビニール袋を収納しています。
取り出しやすいのですが、枚数が少なくなってくると沈んでしまい、取りづらくなってしまうのが悩みでした。

ビニール袋を収納そこで、牛乳パックや厚紙などを使って仕切りをつくってみました。

ビニール袋を収納牛乳パックや厚紙を山折りにし、ビニール袋を折り込むだけで、最後の一枚まで簡単に引き出せるようになりました。
面倒に見えるかもしれませんが、最初にひと手間かけることで、家事のプチストレスが解消されますよ。

●ゼリーやキャンディ、なにが出てくるのかな?

ミニカップゼリーおやつに活躍するミニカップゼリー。このボックスに入れて冷凍庫に常備しています。
上からチラ見してから手を入れても、意外とお目当ての味じゃないのが出てくることもあり、なにが取れるかな? と子どもとゲーム感覚で楽しんでいます。キャンディを入れてもいいですね!

●取り出すためではなく、増やしていくためにも活用できます

ペットボトルのキャップペットボトルのキャップをリサイクルに出すためにためているのですが、洗ったらプルアウトボックスに入れています。このように、取り出すためだけではなく、ためるためにも使えます。

ほかにもビニール手袋を入れたり、ベルマークをためたり…。
家じゅうで活躍するプルアウトボックス。ぜひ試してみてくださいね。

●教えてくれた人
【萩美規子さん】

ライフオーガナイザー、メンタルオーガナイザー。片づけサポートやセミナーを行っている。ホームページ「petit-cadeau」、ブログ「お片づけステップ」で楽しく過ごす暮らしのコツを発信中