縦にも横にも使える100円の透明フックで、洗面所が片づいた!
  • この記事を
    シェア

2018.11.07

洗面に入浴にと、家族みんなが頻繁に出入りする洗面所。置いておくものも多く、散らかった印象になりがちです。

整理収納アドバイザーをはじめ整理片づけの資格を数多くもっているまめ嫁さんは、さまざまなフックを使うことで、洗面所をすっきりさせています。
しかもほとんどは、100円ショップなどで手に入るプチプラ品。マネしたくなるアイデアを大公開します。

洗面所
いつ見られても大丈夫!すっきりした洗面所はフックでつくる

プチプラのフックが大活躍!空中収納でものをすっきり使いやすく

フックは、ものを手に取りやすくつるすことができ、どんな場所にも収納スペースを増やせる便利なアイテム。細かいものが多い洗面所ですが、じか置きしないことで掃除もぐんとラクになります。

●上にのせたり、引っかけたり。多目的に使える100円のリングフック

多目的に使える100円のリングフックまめ嫁さんのお宅では、洗面所に無印良品の防水ミニ時計をセット。何度でもはってはがせるフィルムリングフックを鏡にはり、その上にのせて見やすくしています。

タイルやガラスにぴたっとくっつき、何度でもはがせますこのフックは100円ショップのもので、タイルやガラスにぴたっとくっつき、何度でもはがせます。

横向きで1.5kg、縦向きで2kgの耐荷量「横向きで1.5kg、縦向きで2kgの耐荷量と、かなりしっかりしています」

透明なので目立たず、見た目がすっきり洗面台から浮かせることで、掃除の際にどかす手間がなくなったことが大きなメリット。
「透明なので目立たず、見た目がすっきりして気に入っています」

いろいろな場所で活用このリングフックをいろいろな場所で活用。たとえば、洗濯機につけてハンガーかけに。

美顔ローラーの引っかけ収納サイズがちょうどよかったので、美顔ローラーの引っかけ収納にも使っています。

浴室の鏡にはりつけ浴室の鏡にはりつけ、カミソリを衛生的に保管するアイデアも。
「あとは玄関で靴べらかけとしても使っています」

●洗面所の壁に衣類用のフックを設置すれば、着替えもラク

着替えもラク続いて、壁に取りつけられるフックをご紹介。
肌寒い季節から冬にかけて、入浴するときに室内上着の置き場所に困るときにあると便利です。

洗面所の壁にハンガーでかけておくことにしました「フリースジャケットやカーディガン、はんてんなどの室内上着は、毎日は洗濯しません。お風呂から上がってもそのまま着ることが多いので、洗面所の壁にハンガーでかけておくことにしました」

ハンガー&コートフック使ったのはハンガー&コートフックという商品。
「私はニトリで購入しましたが、ネット通販でも同じような商品を取り扱っているようです」

石膏ボード専用のピンフック石膏ボード専用のピンフックで、取りつけも簡単。横から見るとへこみがあるので、ハンガーが引っかけやすくなっています。耐荷量はなんと8kgまでOK。
「服以外にも、ちょっとしたものを一時的にかけておくことができるので重宝しています。フックひとつで、快適かつすっきり見える洗面所になりました」

●フックで家事ラクもかなう!洗濯物干しの効率をアップ

収納だけでなく、家事の効率アップにもフックは大活躍。浴室乾燥機で多めの洗濯物を干すときに、フックを使うと便利なのだそう。

備えつけの物干し竿「洗濯物をたくさん干したいときは、備えつけの物干し竿に、長めのS字フックを2本ひっかけ、下部につっぱり棒を渡します。これらもすべて100円の商品です」

干す場所が2段に「これで干す場所が2段になります。市販のクローゼット用ハンガーを買ってもいいですが、あと少しだけかけたい! というときは十分対応できますよ」

洗面所は毎日使う場所だからこそ、常にすっきり整えておきたいもの。使い勝手を極めたまめ嫁さんのフック使い、参考にしてみてください。

●教えてくれた人
【まめ嫁さん】

整理収納アドバイザー、整理収納コンサルタント、クリンネスト1級、ルームスタイリスト1級を取得し、整理収納コンサルタントとして実施しているお片づけサービスが人気。夫が転勤族のため、この12年で6回の引越しを重ねた経験もサービスに生かされている。ブログまめ’s HOMEを更新中

<取材・文/佐藤望美>