収納力が3倍!「敷き布団を小さく収納するワザ」をプロが解説
2018.09.06
  • この記事を
    シェア

秋が近づき夏物の収納に悩むこの時季。「収納スペースは限界だけど捨てられない」と悩んでいる人も多いのでは?

「ものを無理に捨てる必要はありません。限りある収納スペースも、ちょっとした工夫で使いやすく、今の3倍は活用できるようになります」と話すのは、予約の取れない家政婦、サニー春さん。
Webを使って、家事をしてほしい人とハウスキーパーが出会うマッチングサービス「タスカジ」に所属するサニー春さんは、35年もの主婦歴を生かした家事提案が人気。

今回は、とにかくかさばる敷き布団の収納術を教わりました。サニー春さんの驚きの収納テクは必見です!

驚くほどコンパクトに!プロの敷き布団のしまい方

とにかく大きくてかさばる敷き布団は、コンパクトに四角くたたんで収納するのがポイント。「ひもや荷札なども上手に活用してくださいね!」

(1)布団にカバーをかける

布団にカバーをかける
驚くほどコンパクトに!敷布団を小さく収納するプロのワザ
ダニ・カビ防止のため、干すなどして湿気を飛ばした敷き布団に、洗濯ずみのカバーをかけます。
「カバー類を別に収納しておく必要がなくなり、次に使うときも出してすぐ使えるのでラクですよ」

(2)3つ折りにする

3つ折りにするまずは上3分の1を内側に折り、続いて下3分の1も内側に折って、3つ折りにします。

(3)さらに半分に折る

さらに半分に折る3つ折りにした敷き布団を、さらに横半分に折って四角くします。

(4)しっかりとひざで押さえつける

押さえつける(3)のとき、布団が空気を含んで大きく広がらないよう、ひざで布団を押さえて空気を抜きながら、形を整えます。
「はみ出ている部分を中に押し込むのも忘れずに」

(5)麻ひもで結ぶ

麻ひもで結ぶ布団を押さえつけたまま、麻ひもで2か所ほど縛りつけ、しっかり結ぶ。

麻ひもで2か所ほど縛りつける「結びやすいので麻のひもがおすすめですが、荷造り用のビニールひもやリボンなどでもOK」

(6)荷札をつける

荷札をつけるなにを収納したのか時間がたっても忘れないように、荷札をつけておきましょう。荷札は100円ショップなどで購入可能。

荷札をつける「収納スペースをあけたとき、すぐに見えるところに荷札をつけましょう」

かさばっていた敷き布団がコンパクトになったら、しまうときはクローゼットなどに立てて収納することで、さらにスペースをとらずに済みます。

タスカジさんの「収納力が3倍になる方法」は、ESSE10月号でもたっぷり紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

●教えてくれた人
【サニー春さん】

家事代行マッチングサービス「タスカジ」所属のハウスキーパー(タスカジさん)。35年の主婦歴を生かし、時短&手軽でもツボを押さえた家事提案が人気。仕上がりに差が出る、しまい方の工夫が支持を集める

<撮影/林絋輝 取材・文/ESSE編集部>

ESSE10月号

今月の表紙&ESSE's INTERVIEW/木村佳乃

全国書店・コンビニ・オンライン書店等で発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!