紙やブリキ、グリーンをおしゃれに見せる「鉢カバー」と飾り方の鉄則
2018.09.10

グリーンを飾るとき、買ってきたままのプラスチックの鉢カバーだと、ちょっと味けないもの。

「かわいいグリーンがあると家が一気にすてきになるので、見た目がチープにならないように、鉢カバーも工夫しましょう。意外な素材がおしゃれに見えることも。また、飾り方にもちょっとしたコツがあるんです」と語るのは、ライフオーガナイザーの森下純子さん。

今回は、インテリア性が高い鉢カバーと飾り方のポイントについて詳しく教えていただきました。

鉢カバー
紙やブリキ、意外な素材も鉢カバーにするとおしゃれに

インテリアになじむおしゃれな鉢カバーは、色味と置き方がポイント!

●収納にもなる紙製の鉢カバー

おしゃれに見える鉢カバーのポイントは、素材感。

障子でできている鉢カバー紙のやわらかい雰囲気をそのまま残した、耐水性のある障子でできている鉢カバーをかぶせました。破れにくくてとっても丈夫です。

紙だけに、折り返すことができるので、グリーンの高さに合わせて調整が可能。黒を使うと、和の雰囲気にも。

ちなみに、鉢カバーだけでなく、ダイレクトメール入れにするなど、いろいろなシーンで使えるのも便利。わが家では、リモコン入れとしても使っています。

●さびた缶のカバーでおしゃれに演出。オブジェは色味を合わせて

古びた素材はインテリアで絵になる素材。ここでは、さびたブリキ缶をグリーンのカバーに使用しています。
安いグリーンの鉢を入れるだけで、一気にアンティークな雰囲気になりました。

ブリキとガラス瓶もしグリーンだけだと少し寂しい感じがする場合には、雑貨やオブジェを一緒に飾ってみましょう。

選ぶ際のポイントは、鉢カバーと同じ色味のある素材。写真で言えば、カボチャのオブジェの銅色が鉢カバーとリンクしています。
また、ガラスビンは置くだけで雰囲気が出るので、ぜひ加えてみましょう。

●背の高いものを真ん中に。三角形をつくるとおしゃれにまとまる

三角形を意識グリーンを飾るときには、置き方にもひと工夫するとかっこよくまとまります。飾るときには三角形を意識して並べてみましょう。

そうすると、目線が安定し、インテリアのフォーカルポイント(視線が集まる場所)がつくれて、おしゃれさがアップします。

●鉢カバーをさらに収納グッズにも応用してみよう

ブリキ缶ペン立て鉢カバーをほかの用途に使ってみると、意外と暮らしになじんでおしゃれになることも。

たとえばブリキ缶だったら、ペン立てとして使ってみても。グリーンをほかの鉢カバーにしたときや、お部屋の気分を変えたいときに、用途を変えて収納としても使ってみましょう。

かわいい鉢カバーを見つけたら、収納としての用途も考えながら選んでみると、おもしろい発見があるかもしれません。お部屋のインテリアスタイルに合わせて楽しんでみてください。

●教えてくれた人
【森下純子さん】

インテリアコーディネーター、マスターライフオーガナイザー認定講師、レジデンシャルオーガナイザー、建築カラープランナー、メンタルオーガナイザー。「アンジェ・リュクス」の代表取締役。「収納とインテリアで暮らし最適化」をテーマに、モデルルーム監修・新築、リフォームのインテリアコーディネート、収納プラン、片づけ作業サポート・セミナーを行う

このライターの記事一覧