梅雨が終わっても大活躍の「室内用もの干し竿」ほか、一石二鳥な暮らしのアイテムを教えます
2016.07.05
  • この記事を
    シェア

 日差しが強くなってきましたね。整理収納アドバイザーのcoyukiです。シンプルで風通しのいい暮らしがしたいな~と思うようになってから、少しずつものの持ち方を考えるようになりました。持っているものは少しでいいけどでも、なにもないのは寂しい。そんな私がもの選びで意識しているのは、「そのアイテムの本来の使い方以外にも、役割があるもの」です。

いろんな使い方ができる、シンプルながら美しいキャンドルホルダー

キャンドルホルダー
中にはキャンドルのストックを入れることもできます
 たとえばこのキャンドルホルダー。じつはフラワーベースとしても使えるんです。

フラワーベース きっとそれぞれよさがあるんだと思うけど、いわゆる“花器”と“キャンドルホルダー”両方を持つと、ものが増えてしまうし、使わないときにはそれぞれの収納場所が必要に。でも、こちらのように兼用して使えるものだと、キャンドルがないときは花が、花がないときはキャンドルが楽しめます。おまけに、そこに置いてあるだけでも絵になるので、収納する必要もありません。

 また、お花を生けるのがちょっと苦手な私でも、口のサイズが程よいおかげでバランスが取りやすいという実用面でのメリットも!

チョコレートを入れてみたり 最近は、ちょっとした遊び心で大好きなチョコレートを入れてみたりしています♪私が思いついていないまた別のいろんな方法があるかもしれないと思うと、それもまた楽しい!

インテリアのじゃまをしない!実用性バツグンのもの干し竿

実用性バツグンのもの干し竿 梅雨のこの時期、わが家で大活躍するのがこちらの室内用もの干し竿。それぞれのパーツ(ポール2本とバー1本)を分解して重ね合わせることができるので、コンパクトなポールハンガーとしても使えるんです!

コンパクトなポールハンガー ポールハンガーの状態だったら場所も取らないし、洋服やバッグをひっかけておけるので、普段から出しっ放しでOK!それでいて、いざ室内干しをするときにさっと用意できるのが便利!

 たとえば仕事から帰ってくるとすっかり暗くなっていて、布団を干すタイミングを逃しがちな私でも、窓際にもの干し竿を用意して朝そこに布団をかけておけば、ガラス越しに日に当てることができるんです!だから、梅雨以外でも一年じゅう大活躍!というわけ。

おまけ 収納になるインテリア小物

おうち型のオブジェ
黒いおうちのオブジェを置くことで、スペースがぐっと引き締まります
 お気に入りのおうち型のオブジェは、小物入れになっています。わが家では自転車のカギの予備を保管する場所に。このカギは普段使わないものだけど、ここに入れていると、たとえば外出しているときに娘から「自転車のカギの予備ってどこだっけ?」って聞かれても、「カウンターの上の小さいおうちの中よ!」って短い説明ですみます(笑)!

 いろんなパターンで一石二鳥になるようなものを集めるようになったおかげで、ステキな雑貨を楽しみながら持ちものはコンパクトになってきました。スッキリさせたいけど雑貨は好き!という方におすすめですよ。

【coyuki】
整理収納アドバイザー。娘(22歳)との2人暮らし。シングルマザーで仕事をしながらの家事や子育てを経験。「小さな工夫を重ねて、いかにストレスを少なくし暮らしを楽しむか」という日々を綴ったブログ『*Little Home*』が人気

NORRMADE ( ノルメイド )「 Bottlelight ( ボトライト )」

NORRMADE(ノルメイド)は「人々の生活に不必要なものを加えることなく、特別な価値を提供する」という独特のデザインアプローチで製品を発表するデンマークの家具ブランドです。Bottlelight(ボトライト)は、市販のティーライトキャンドルをストックしておけるコンテナー兼ライトです。


新ハンガー&室内物干し 2WAYハンガー

コンパクトなハンガーが室内物干しに簡単変身。普段はお部屋の片隅に有るお洒落なポールハンガーが急な雨等による室内物干しに早変わり。サッと使えて、サッと片付ける、場所要らずで物干しとして使用しない場合はポールハンガーとして一石二鳥。組立ても簡単で、すぐ使用できます。