つっぱり棒で棚やコートかけが完成!収納の少ない家の救世主に
  • この記事を
    シェア

2018.10.29

欲しいところに収納をつくれるのはもちろん、最近ではサイズも豊富に、縦型のものや補助具も続々と登場して、活用の幅も広がっているつっぱり棒。

つっぱり棒に精通している整理収納アドバイザーの竹内香予子さんに、身近なアイテムをプラスして、より便利につっぱり棒を使いこなす、ワンランク上の活用テクを教えてもらいました。

つっぱり棒×他素材で、使い勝手がさらにUP!のスゴ技を紹介

たとえば、有孔ボードやネット状パネル、板などを組み合わせれば、飾り棚や間仕切りといった大型のものまで、あっという間に完成!
つっぱり棒でここまでできるの!? という驚きのワザを紹介します。

●ボードをプラス!背板をつけて間仕切りに

ボードをプラスしてつっぱり棒収納
補助具と木材とボードでパーテーションが完成!
木材を補助具でつっぱらせてつくったディスプレイ棚。その背に、有孔ボードを取りつけてパーテーションに。リビングとキッチンをゆるやかに仕切りました。
「ほしいところに手軽に設置できる、自由度の高さも魅力。30分程度の組み立てで、部屋の印象をぐっと変えられますよ」

補助具写真の補助具を木材の先端にはめ込み、ネジで締めれば、木材が縦型つっぱり棒に。

●横板をプラス!サイズがバラバラの掃除用具をコンパクトに引っかけ

つっぱり棒に掃除用具ズームアウトキッチン壁面の掃除道具コーナー。木材2本を補助具で床と天井につっぱり、間に横板を固定。木材同士なので、ネジで固定するだけで完成です。

掃除用具をつっぱり棒に「長さの違う掃除道具をすっきり収納するため、横板を3枚使って高さを選べるようにしました」
フックには掃除道具をひとつずつ引っかけて、手に取りやすくしています。

●クリーナーもつっぱり木材に固定

掃除機を補助木材のつっぱりに寝室の入り口に、木材を補助具でつっぱり、クリーナーの定位置に。

女性補助木材を壁に

「補助具を使って木材をつっぱると、重いものもつるせます。ネジで、専用の壁かけ器具を設置しました」

●ハンガーコートをプラス!玄関のわずかなスペースがコートかけに

玄関にハンガーコート用つっぱり棒玄関脇の来客用コートハンガー。
「置き型のスタンドハンガーと違って、省スペースに収納できます。狭い玄関を広く使えてすっきり!」

玄関用つっぱり棒天井部分床と天井に木材を補助具でつっぱり、ひも状のコートフックを差し込んで、来客用ハンガーをかけました。

●ブックエンドを併用すればフライパンをきっちりしまえる

ブックエンド利用してフライパンを収納

引き出しにブックエンドを耐震ジェルで固定し、フライパン立てに。両脇には横つっぱり棒を取りつけ、フライパンの転がりを防止しました。
「あけ閉めのたびに転がるストレスを解消できます!」

●スノコでたわみを防止。やわらか素材の引き出しを補強

すのこを使ってつっぱり棒を支えるつくりがガッチリしていない引き出しに、つっぱり棒を何本も使うと、バネの力でたわんでしまうことも。
「つっぱる両端にスノコを入れて、引き出しを補強し、たわみを防いでいます。厚みのある板でもOK」

アイテムをひとつたすだけで、つっぱり棒の活用法はどんどん広がります。気になるアイデアがあったら、ぜひ試してみてください。

※取りつけの際には耐荷重に注意してください。また地震の際などに落下してケガをしない場所を選びましょう

●教えてくれた人
【竹内香予子さん】

つっぱり棒博士。整理収納アドバイザー。あらゆるつっぱり棒を熟知し、自宅でも積極的に活用、新しい使い方を模索する。つっぱり棒の業界トップシェアを誇る収納用品メーカー、平安伸銅工業の三代目社長。自宅マンションに収納が少ないため、つっぱり棒を駆使して収納を増設。日々つっぱりワザをみがいている

<撮影/林紘輝 取材・文/ESSE編集部>