本棚がすっきり!歯みがき粉が雑貨みたいに!生活感を隠す、マステのおしゃれな活用法
2016.07.20
  • この記事を
    シェア

 無地のシンプルなものから、ガラつきのかわいいものまで、さまざまな種類のあるマスキングテープ。価格も安く、手軽に使えるのが魅力です。今回は、生活感を消して、”いつものもの”をちょっとおしゃれに演出するためのアイデアを紹介!DIY達人の一級建築士・なつめさんにお話を伺いました。

マスキングテープひとつでリッチインテリア

●収納ボックスにはって、目隠しカバーに

 無印良品のPPケースは、中に入っているものが透けて見えてしまうので、幅広のマステを隙間が出ないように並べてはって、目隠ししています(右上)。

「洗面所のケース(左上)は黒板タイプのマステを並べてはり、チョークで中身を記入。ラベル代わりにもなって便利です」。

●本の背表紙にはれば、見た目すっきり!

本の背表紙 実用書などの、見た目がちょっとイマイチな背表紙をマステでカバーすれば、目につく場所に並べてもゴチャつきません。無地のものを選ぶのがポイント。「背表紙がうっすら透けるので、目当てのものが見つけやすいんです」。

●濃い色のマステをはるだけでおしゃれな歯みがき粉に

おしゃれな歯みがき粉 生活感が気になるけど、しまうのも面倒な歯みがき粉。マステを縦方向にはっていき、その表面におしゃれなラベルをはって、まるで雑貨のように見せています。「濃い色なら、パッケージの柄も透けません」。

【なつめさん】
茨城県在住。一級建築士の資格をもち、2LDKの戸建ては自ら設計。インテリアの工夫をまとめた著書『なつめさんちの新しいのになつかしいアンティークな部屋づくり』(メディアファクトリー刊)も好評。

<撮影/難波雄史>

なつめさんちの新しいのになつかしいアンティークな部屋づくり

月間60万PV。大人気ブログ『なつめの手仕事日記』が待望の書籍化! 築2年目なのに、アンティークな家に「進化」している、なつめさんちの、インテリアのコツを余すことなくお見せします。雑貨の飾り方から、100均アイテムのアレンジまで、リーズナブル&今すぐ真似できるアイデア満載。