かさばる棚やチェストも不要!「壁収納」で収納力と掃除のしやすさを両取り
  • この記事を
    シェア

2018.09.25

マグネットやフックを使った収納が流行中です。見やすく取りやすいほか、「壁」を収納として利用できるのが大きなメリット。

SNSで家事や収納などについての情報を発信している東えりかさんは、リビングからキッチン、和室、洗面所、玄関まで、壁という壁をもれなく活用しています。
壁を使えば収納が増えるほか、掃除もしやすくて家事がはかどるそう。家を詳しく見せていただきました。

リビング 母子
壁に飾りながら収納することで部屋を広く使えます

壁を効率的に使って片づけも掃除もしやすい家に!

「育児と仕事で忙しいなか、少しでも片づけや掃除をラクにしたいと考えるうち、壁の便利さに気づいたんです」と東さん。
100円グッズなどを使った壁活用のアイデアを伺いました。

●キッチンのつり戸棚脇にメモ帳かけを

吊戸棚にメモ帳つり戸棚脇の柱に無印良品のマグネットフックをつけ、メモをはさんだクリップを引っかけ。
「調味料がきれたときなど、すぐにメモ。買い物のときに、はがして持っていきます」

●壁をマグネット面に買えるアイテムも!

吊戸棚磁石がつかない壁が、ホームセンターなどで買える「マグネット用補助板」でマグネット面に早変わり。

マグネットこちらの補助板は壁との接着面は吸着シートになっています。繰り返し使え、はがした跡も残りません。

●よく使うキッチンツールは作業台正面にはりつけ

キッチンツール 作業台面に包丁など、毎日使うものは作業台正面のマグネット面にオープン収納。
「包丁差しやカトラリー入れも、裏に強力マグネットシートをはれば壁づけOK。カトラリーはリビング側からも取れる位置にはりました」

包丁差し包丁差し、カトラリー入れ、タイマーの裏に、黒いマグネットシートをハサミでカットしてはりつけています。
「落ちてこないように、強い磁力のものを使用しています」

●玄関の壁に長押とフックをつけて外出をスムーズに

衣類ラック水色ピンク帽子無印良品の壁につけられる長押に、100円ショップのスチールラック用フックをプラス。玄関からすぐの壁に取りつけ、子どもの外出グッズの定位置に。
「子どもが勢いよくかけても横ブレせず、使いやすいです」

フックペンチぴったりはまらない、ズレるという場合は、長押の板の厚さに合わせてフックの幅をペンチで調整してみてください。

冷蔵庫の側面や玄関の壁も有効活用!すぐ手に取れる便利な収納に

●カゴを使ってレシピカードをつり下げ

冷蔵庫にかご冷蔵庫と壁の間のわずかな隙間も、じつは使える壁面。
「外からは目立たない絶妙な場所なので、メモしたレシピなどをしまうのに好都合です」

レシピカード かごカゴに入れてマグネットフックにかければ、サッと取り出せます。

レシピカード レンジフード取り出したレシピカードは、レンジフードに引っかけているクリップにはさんで調理中に確認します。

●教えてくれた人
【東えりかさん】

夫、長男、長女の4人家族。3LDKのマンションに暮らす。時短勤務の傍ら、家事や収納がラクになる工夫をSNSで発信

<撮影/合田和弘 取材・文/ESSE編集部>