トイレの生活感が消えた!100円グッズの消臭剤カバーで掃除も快適に
  • この記事を
    シェア

2018.06.25

毎日使う掃除グッズは、しまい込まず、いつでも手に取れる場所に収納するのが家事の基本。頻繁に使うトイレならなおさらです。
「出しっぱなしにすると生活感が…」というお悩みは、ちょっとした工夫で解消しましょう!

整理収納アドバイザーなど数々の資格を持つお片づけのプロ・akaneさんは、100円グッズを賢く活用。トイレでよく使う消臭剤とアルコール除菌剤を、出しっぱなしでもおしゃれに見えるよう工夫しています。詳しく教えていただきました。

100円グッズを賢く活用
自作のカバーで派手なパッケージを隠せば、目につくところにあってもすっきり!掃除もはかどります

トイレの消臭剤は100円グッズでカバーをつくり、出しっぱなしに

汚れやにおいが気になるトイレは、こまめに掃除したい場所です。

トイレトイレは狭いスペースなので、掃除道具は扉や収納スペースに隠し、目に入らないようにしまいたい。でもしまい込むと掃除がおっくうになることも。

akaneさんのお宅では、消臭剤とアルコール除菌は出しっぱなしにしています。
「今までは収納していましたが、すぐ手に届く位置に置いて掃除しやすいことを最優先にしました。とはいえ、カラフルなパッケージの消臭剤はそのまま置くとモノトーンのインテリアと合わず浮いた印象に。そこでカバーをつくることにしました」

●消臭剤カバーのつくり方

【材料】

・カッティングシート(もしくは白の厚紙)
・白のクリアファイル
・白のビニールテープ
・ラベルシール(お好みで)

材料は、カッティングシートと白のクリアファイル。どちらも100円ショップで安く手に入るものです。

【つくり方】

カッティングシート(1) カッティングシート(裏の粘着シールをはがさずそのままの状態)を、消臭剤より気持ち大きめの幅に丸めます。
カッティングシートの代わりに厚紙を使ってもかまいません。

筒状に(2) 丸めたカッティングシートの上に白のクリアファイルを重ね、白のビニールテープで留めて筒状にします。

カバーの中に入れますこちらの派手な消臭スプレーを、カバーの中に入れます。ぴったりでなく気持ち大きめサイズにするのは、カバーをとりはずししやすくするため。白のクリアファイルを重ねるのは、カバーが汚れてもふいて落としやすくするためです。

お好みのラベルシールをはるだけ(3) あとはお好みのラベルシールをはるだけ。なにもはらなくてももちろんOKです。

アルコール除菌剤はパッケージがはがせるタイプなので、透明なボトルだけの状態にし、同シリーズのラベルシールをはって統一感を出しています。

「お掃除グッズを出しっ放しにしておけば、トイレに入るついでにササッと掃除できます。あらためて掃除、と構えなくてもいいので気持ちもラクです」

見た目がおしゃれで出しっ放しにでき、掃除がおっくうにならないこちらのアイデア、参考にしてみてはいかがでしょうか。

●教えてくれた人
【akaneさん】

整理収納アドバイザー、整理収納2級認定講師、インテリアコーディネーターの資格を持ち、整理収納サポートサービスやお片づけ相談を実施。その知識やアイディアを紹介するブログも日々更新中。ブログ「A+organize -scandinavian interior-」を更新中

<取材・文/佐藤望美>