片づけ後、すっきりがずっと続く部屋は、単純な3ステップで手に入る
  • この記事を
    シェア

2018.06.29
所要時間: 2

どんなときでもすぐにお客さまを呼べる、すっきり片づいた部屋ができたら理想的です。でも現実は、片づけても片づけても散らかるばかり…。どうしたらいいのでしょうか?

「ものが多いと、その分だけ管理する時間もかかります。まずは家にあるものの量を見直してみましょう。ものを減らせば、管理が驚くほどラク。部屋を整えやすくなりますよ」と語るのは整理収納アドバイザーの小林尚子さん。

ご自宅を例に、いつでも整った部屋をキープできる仕組みづくりについて語っていただきました。

3ステップを実践している小林さん宅のリビングは、驚くほどすっきり!

散らからない仕組みは、たったの3ステップで手に入る

「仕組みづくり」と聞くと、ちょっと大変そう…と思いがちですが、そんなことはありません。やるべきはたった3つのステップだけ。早速、見ていきましょう。

●ステップ1 使わないものは持たない
気がつくと、収納場所がものであふれかえっている…。そんなこと、ありませんか? 減らすことを意識していないと、ものは知らない間に増えていきます。

まずは、定期的にものを見直すクセをつけましょう。理想は、ものをぎゅうぎゅうに詰め込まない「8割収納」です。

といっても、家全体のものを一気に見直そうとすると、大変すぎて挫折してしまいがち…。そこで、「今日はクローゼット」と片づけるスペースを決めて、要不要を整理してみます。

1日1か所ずつでも続けていけば、家じゅうの不要品がなくなって、数日後には必要なものだけが手元に残るわけです。

●ステップ2 ものの定位置を決める

そうして手元に残ったものに、今度は定位置を決めていきましょう。

グルーピングここでのコツは、使うシーンごとにグループ分けして収納すること。つまり、「グルーピング」です。
一緒に使うものをまとめて収納すると、出したりしまったりがスムーズになります。

ラベリンググルーピングができたら、「ラベリング」にも挑戦してみましょう。
家族みんなに、ものの定位置をわかりやすくしておくと、迷わず探せて、使い終わったあとも、自然と元の位置に戻せるようになります。

●ステップ3 必要ないものは家に入れない

もらったはいいけど使わない試供品や、ポストに届くダイレクトメール。無意識のうちに、ものはどんどん家の中にたまっていきます。

使うあてがないなら、そもそも受け取らない。ダイレクトメールも手にとったときに即判断。必要なければその場で捨てられるように、玄関にゴミ箱を用意しておきましょう。

これを習慣にすれば、部屋の中に不要なものがたまらない仕組みをつくれます。結果、部屋の雑然さが軽減されるはず。

玄関より先には、不要なものはいっさい持ち込まない。その心構えが大切です。

●1日のどこかにリセットする時間をつくる

1日のどこかにリセットする時間をつくる面倒だなと思うことは、ついついあと回しにしがち。部屋の片づけも同じです。とくに、片づけが苦手だな、と思う人には、その傾向があります。

1日分の散らかりは、その日のうちに定位置に戻すこと。これを習慣づけましょう。1日分なら、大した手間にならずにすみます。これが1日、また1日とためていくと、ますます片づけがおっくうになるわけです。

たとえば、「寝る前にリセットする」と決めておけば、次の朝はきれいな状態でスタートできます。そんな風に、一度、気持ちのいい朝を迎えると、今晩もやってみよう! と思えるはず。

寝る前の片づけ習慣が定着すれば、いつでもすっきりきれいな部屋をキープできるようになります。

積み残しをせず、その日の散らかりはその日のうちに!です。

●教えてくれた人
【小林尚子さん】

整理収納アドバイザー。テレビや雑誌などで幅広く活躍。収納テクニックや暮らしを楽しむヒントを、ブログ「ナチュラルな私の暮らし」で更新中。著書に『とことん使える!無印良品 人気収納アイテムで「ためない」暮らし』(講談社刊)がある

とことん使える!無印良品 人気収納アイテムで「ためない」暮らし

デザイン、機能性に惚れ、丈夫で長持ちと老若男女に人気の「無印良品」。暮らす人の立場に立った機能的なモノ作りに称賛を得ており、収納を無印良品にすると、自然と整理整頓が身につき、身のまわりを整えると心も整います。

特集