冷蔵庫のドアポケットに卵、をやめたら快適!みそストッカーの導入を
  • この記事を
    シェア

2018.06.13
所要時間: 1

冷蔵庫にいつも常備している卵。冷蔵庫の備えつけの卵ケースを、とくに疑問なく利用している方は多いのではないでしょうか。

「じつは別の方法で収納することで、調理が時短になり、冷蔵庫のスペースも有効活用できるケースもあります」と教えてくれたのは、整理収納アドバイザーの菅野延子さん。
詳しく教えていただきました。

卵ケース
卵ケースをみそストッカーにチェンジ!

画期的な冷蔵庫の卵収納法!卵ケースを使わないと、こんなメリットが

わが家も以前は、冷蔵庫に備えつけの卵ケースを利用していました。

まず、スーパーで買った透明のパックを切り離し、2枚重ねにしてから冷蔵庫の卵ケースに収納するという方法です。

ひとつひとつ移す手間がかからず入れ替えは簡単なのですが、使うときにもっと便利な収納方法を見つけました。

100円ショップの「みそストッカー」それが、100円ショップの「みそストッカー」に卵を入れる方法です。
これを使うことで、備えつけの卵ケースよりもコンパクトに、しかも使い勝手よく収納できるように。

卵をひとつひとつみそストッカーに移していきます。卵パックを買ってきたら、卵をひとつひとつみそストッカーに移していきます。
10個入り1パック分を入れ替えても、まだ少し余裕がある大きさ。「もともと卵が残っていても、新しい卵が入りきるサイズ」がポイントです。

 注意:卵は尖った方を下に保存した方が、鮮度を保つことができます

また、卵が残っていた場合、古い卵はいったん取り出し、新しい卵を下に、古い卵を上に入れます。
こうすると移し替えても古い卵から使っていくことができます。さらに、赤玉と白玉を交互に購入すれば、古い卵が一目瞭然。

こうしてみそストッカーに卵を収納することで、作業の効率が上がるうえ、冷蔵庫の収納においてもメリットがあります。

●取っ手つきだから、丸ごと取り出せる

取っ手つきだから、丸ごと取り出せる取っ手つきケースなので、冷蔵庫からワンアクションで全量を一度に取り出せます。

卵をたくさん使うオムレツやケーキなど、調理台にストッカーごと置くことで、料理中に何回も冷蔵庫から出してくる手間がありません。

●冷蔵庫の中で場所をとらず、すっきり

冷蔵庫の中で場所をとらず、すっきり冷蔵庫の備えつけ卵ケースは10個並びの長方形が多く、場所を占領してしまいますが、みそストッカーは正方形に近いので、コンパクトに収納できます。

取っ手つきなので、冷蔵庫の空きスペースにサッと移動ができるのもうれしいポイント。冷蔵庫がいっぱいのときも、卵が定位置を占領せず、いつでも使いやすい位置に収納できます。
一度に全量を出せるので、ドアの開き時間が短くてすみ、電気代の節約にもなるというメリットもあります。

●卵ケースが占領していたドアポケットは、じつはいちばん出し入れしやすいスペース

ちなみにもともとある卵ケースは外して、飲み物を収納しています。

ドアポケットは、いちばん出し入れしやすい場所。卵よりよく出し入れする飲み物を収納することで、さらに便利になりました。

この収納を思いついたきっかけは、冷蔵庫の買い換えるときでした。
卵ケースの使い勝手が今までと変わってしまい、出し入れがしにくくなったので、なにかいい方法はないかと考えたのです。

「使いにくい」と感じたら、それは収納のいい見直しどきです。
100円グッズひとつで、調理の時短になり、冷蔵庫の省スペース、そして電気代の節約にもつながる卵の収納。ぜひお試しください。

※一部追加
・卵の保存は、尖った方を下にして丸い方を上にして保存した方が、より鮮度を保てます。また、重ねて保存する際には殻が破損しないように気をつけてください
・一般的に流通している卵は採卵後、洗浄、消毒を入念に行ってからパッキングして出荷しているため、菌などが残っている可能性はほとんどありません。ただし、庭で飼っている鶏の卵など、洗浄、消毒を経ていない卵の場合、上記で紹介したような保存法は適しません

●教えてくれた人
【菅野延子さん】

整理収納アドバイザー。自宅セミナーや片づけ講座の講師として活躍。ブログ「心地よいSimple Life♪」を更新中

特集