リトアニアのナチュラル雑貨はおしゃれで実用度も抜群!日本でも買えるよ!
  • この記事を
    シェア

2016.06.25
所要時間: 2

 バルト三国の中で最も南に位置するリトアニア共和国。国土の3分の1を森で覆われ、大小4000ほどの湖が点在する自然豊かな国です。リネンやカゴ製品、手織物など、手工芸が盛んな国でもあり、代々受け継がれてきた技術やデザインはとっても魅力的。日本でも目にすることが多くなってきたリトアニア製品は、ナチュラルな風合いのリネンのキッチンクロスや職人が丹精込めて編みあげたカゴなど、普段使いしたいものばかり。現地を旅して見つけた、便利でかわいいアイテムをご紹介します。

2014.6.30カウナス 365

リトアニアで出合ったナチュラル雑貨たち

●リネンのキッチンクロス

リネンのキッチンクロス リトアニアの名産品リネンは、肌触りがやわらかく吸水性にも優れているので、キッチンクロスやティータオルなどに適しています。日本で人気のオーガニックブランドMARKS&WEBのリネンアイテムもリトアニア製。リトアニアの街にはリネン・ショップが点在していて、ベッドシーツやワンピースなど、さまざまなリネン製品に目移りしてしまいます。

●ピクニックバスケット

ピクニックバスケット ピクニックだけでなく、収納として使ってもかわいいバスケット。私が訪ねた工房では、女性の職人がたくさんのカゴに囲まれ仕事をしていました。丁寧に編まれた、あたたかみのあるデザインの手づくりカゴ製品は、一生ものです。

●木製カトラリー&木笛

木製カトラリー&笛 素朴なナチュラルさが魅力の木製のスプーンやフォーク。手に持つだけであたたかみが感じられて、毎日の食卓が楽しくなります。小鳥の笛もキュート。インテリアにしつつ、「ホー、ホー」と、ときどき吹いては癒されています(笑)。

●ビーズのリストウォーマー

ビーズのリストウォーマー 手首のおしゃれに欠かせない、女子の必需品。伝統模様をあしらったビーズが袖からチラリと見えて、かわいいのです。いろいろな模様、カラーを揃えて、いくつかゲットしました。

●ナチュラル石鹸

ナチュラル石鹸 リトアニアは、自然志向の人が多い印象。ラベンダーやアロエなど、バラエティ豊富なナチュラル石鹸がそろっています。色鮮やかなスイカやキウイといったフルーツ系の石鹸も人気のようでした。

●オーガニックコットンの子ども服

子ども服 オーガニック製品をメインに販売している自然派ショップで見つけた子ども服。落ち着いた色合いがシックでおしゃれですよね。リトアニアでは、生地の素材と着心地にもこだわったファッションが好まれています。

日本で買えるリトアニア・オンラインショップ

魅力的なメイドイン・リトアニアが買える、オンラインショップをいくつかご紹介!

NeNe

 リトアニアの手編みのカゴや、カトラリー、リトアニアリネンを使ったオリジナルウエアなど、リトアニアの生活雑貨が充実。時を経ても色あせない魅力とつくり手の想いを伝えます。

リトアニアのヘーゼルナッツカゴ
リトアニアのヘーゼルナッツカゴ
出典:http://www.hokuohnene.com/
Labdien

 世界中から輸入雑貨をセレクト。とくにリトアニア雑貨は、今後ますます増える予定とか。インテリアやキッチン用品、ファッション、文房具とバラエティに富んだ品揃えが魅力。

contentas リトアニアコースター
木製コースター「見つめ合う鳥たち」
出典:http://labdien.jp/
contentas

 リネンのキッチンクロスやブラウス、ストールなど、リネンアイテムが勢ぞろい。リトアニアはもちろん、フランスやイタリアのリネン製品も扱っています。ヴィンテージものもあるので要チェック!

Labdien リトアニアリネン
ラスティック リネンタオル
出典:http://www.contentas.jp/
【Sannaさん】
出版社勤務などを経てフリーのライターに。ムックやガイドブック、雑誌などに、旅や街歩きほか、グルメ、輸入住宅の記事を寄稿。これまで訪れた国は約65か国。著書に『スウェーデン森に遊び街を歩く』、『バルト三国 愛しきエストニア、ラトビア、リトアニアへ』(ともに書肆侃侃房)などがある。ブログ『Sannaの旅ブログ

<撮影・文/Sanna>

スウェーデン 森に遊び街を歩く

クリスマス・マーケットやアミューズメントパーク、おしゃれな雑貨店に市場、そして夏至祭も!お気に入りの家具や小物を求めてひたすら歩き、時には、ちょっとひと休みしてフィーカを満喫。ストックホルムとレクサンドをめぐる北欧の旅をどうぞ。


バルト三国 愛しきエストニア、ラトビア、リトアニアへ

かわいい雑貨やハンドクラフトも女性たちから人気を得ていて、北欧に惹かれる人々の次の目的地として今、注目を集めています。そんな三国を旅した著者の、とびきり大きな感動と興奮がつまった一冊。

特集