面倒くさがりでも続く収納!カゴやトレーだけで雑然とした印象が消える
  • この記事を
    シェア

2018.09.26
所要時間: 2

片づけているつもりなのに、なんだか部屋が雑然とした印象に…。収納が苦手な人にありがちなこのモヤモヤ、ストレスになってしまいます。
使い勝手がイマイチな収納だと、結局、ものが片づけきれずに散らかった印象に。

「一緒に使うものや種類が同じものは、カゴやボックスを使い、ざっくりとまとめるように収納。散らかり防止になり、使いたいものを探す手間も省けます」と話すのは、ESSEが取材した「ゆる収納」上手のbotaさん。

自身も面倒くさがりというbotaさんが実践しているのは、放り込むだけで片づけもラクラクという「ゆる収納」。そのスゴ技を早速、紹介します!

使うところにざっくりまとめて置くだけ。使いやすくて散らからない

“ちゃんと片づけなきゃ”という固定概念に縛られずに、放り込むだけでOK。自由でラクな収納にすれば、きれいな状態が長くキープできます。

●食べかけのものはカゴにひとまとめ

食べかけのものは カゴにひとまとめ
食べかけのお菓子はダイニングのかごにIN
ダイニングにあるカラーボックスの上にカゴを置き、お菓子やパンの避難場所に。
「ここを探せば食べ物にありつけるので(笑)、家族にも好評です」
頻繁に出し入れするものほど、放り込める場所があると便利。

●保存ビンをバスケットに入れて梅酒と一緒に棚の下段に

保存ビンをバスケットに入れて 梅酒と一緒に棚の下段にあきビンは収納場所を確保して、散らかりを防止。
「忘れた頃に使うので、まとめておけば探さずにすみます」
梅酒のビンも一緒に置いて、おすそ分けもラクに。

●レジ袋は大きさを気にせずカゴに入れるだけ

レジ袋は大きさを気にせず カゴに入れるだけ買い物から帰ってきたら食品を出し、ポリ袋やレジ袋をカゴにポイッ。キッチンが散らかりません。
「使うときもここを見るだけ。あちこち探さなくてもOKです」

●家族が使うものはカラーボックスにまとめて1か所に

カラボダイニングの棚下にカラボを置き、家族共有のものをここにまとめて収納。

引き出し薬や電池、マスクなどを種類別に入れ分けています。
「家族も『ここを探せば見つかる』という安心感があるみたい」

小分けケース引き出しやカゴの中は、小分けケースで1種類ずつまとめています。
「ひと目で目当てのものが見つかるように。補充もラク」

●文具はカゴにひとまとめ。使う場所に移動も可能

文具はカゴにひとまとめ。 使う場所に移動も可能「書類をつくるとき、ペンやハサミなどをあちこちから取り出すのは面倒なので、カゴにまとめました」
作業する場所に合わせて持ち運べるのも便利です。

●季節ものはカゴにまとめて翌シーズンまで待機

季節ものはカゴにまとめて 翌シーズンまで待機季節で入れ替える雑貨やカイロなどをカゴにざっくりとまとめて、階段下収納の奥の棚にIN。翌シーズンに備えます。
「口の大きなカゴに入れるだけなので、ラクです」

●洗面下スペースはケースを投入してストックを収納

洗面下スペースはケースを 投入してストックをイン使いにくい洗面下は、引き出しケースを入れ、シャンプーや綿棒などのストック類をまとめて収納。
「引き出し式だから上から取りやすいんです」

同じ用途に使う道具をひとまとめにすると、すっきり見えて動作もスピーディーに

家事の動作に合わせて必要な道具をまとめて収納しておくと、作業に取りかかるのがスムーズに。家事の時短に大きく役立ちます。

●食器洗いグッズはトレーにまとめてきれいをキープ

食器洗いグッズは トレーにまとめて きれいをキープボトルやブラシは、じか置きするとぬるぬるして掃除が面倒…。
「だから、トレーに入れて水濡れを防いでいます。ふき掃除も、トレーごと持ち上げるだけで、サッとすみます」

●取り替え用のゴミ袋はゴミ箱の上段に収納

取り替え用のゴミ袋は ゴミ箱の上段に収納3段引き出し式のゴミ箱には、いちばん上にゴミ袋をストック。
「下2段の可燃と不燃ゴミ入れにすぐセットできるので、朝の忙しいときのゴミ出しもスムーズです」

●調理中に使うグッズは使う場所の近くに置けばスピーディー

調理中に使うグッズ は使う場所の近くに 置けばスピーディーラップやアルミ箔は1か所にまとめず、それぞれ使う場所の近くに収納。
調理台で使うラップはシンク下に。

コンロ下ガス台で使うアルミ箔はコンロ下に。1歩も動かずに取り出せるので、調理がスムーズです。

●アロマディフューザーとオイルはトレーにまとめて出しっぱなしに

アロマディフューザーとオイルは トレーにまとめて出しっぱなしに一日に何度も使うアロマディフューザーは、オイルと一緒にトレーに。セット化すれば、いつでもすぐに楽しめます。
「掃除もラク。片手でトレーを持ち上げてふけば完了です」

ざっくりまとめる「ゆる収納」は、面倒くさがり屋の人にはぜひおすすめ。家が片づかないストレスから解放されること間違いなし! です。

<撮影/難波雄史 取材・文/ESSE編集部>

特集